必見!油性ペンの染みはクリーニングか自分!?どっちがよい?

暮らし







油性ペンで何かを書いている時に
手元が狂ってしまった。
あるいは
フタが外れているのに気付かず、
服にこすれた際についてしまった…。

パターンは様々ですが
油性ペンが服についてしまうと
「しまった!」と
ショックが大きいですよね。

水性ペンなら洗えば落ちますが
油性ペンは
洗濯ではそう簡単には落ちません…。

でもお気に入りの服や仕事で着る服を
そう簡単には処分できないですね。

そんな時はクリーニング店に
お願いをしてしまうのが確実。

でも洗濯してなんとかする方法もあるので
クリーニングに行けない場合は
試してみて下さいね。

油性ペンの
汚れをなんとかする方法を紹介していきます。

 

 

油性ペンの染みを洗濯はダメ!自分で落とさないでプロに任せる方法!


汚れてしまうとやってしまいがちなのが
汚れを浮かせるために
水につけたりすること。

または落ちるかもという期待を込めて
すぐに洗濯を回してしまうこと…。

実はこの2つとも
油性ペンの汚れには
やってはいけないことだったのです。

 

クリーニングが確実

まず油性ペンで汚れてしまった服を綺麗にするには
クリーニング店に出すのが確実ということを
覚えておきましょう。

お金はかかってしまいますが
シャツ一枚なら数百円で行うことができますし、
時間も手間もそんなにはかかりません。

油性ペンの汚れは、
汚れの中でも最も落とすのが困難と言われているものです。

そんな汚れには
汚れ落としのプロに
お願いするのが
最も確実と言えます。

洗濯をしてしまうと落ちにくくなる?

そして服が汚れた際に水につけたり、
洗濯を回したりすることがあると思います。

食べ物汚れなら効果を発揮するこの行為も
油性ペンには逆効果。

余計に汚れを服に染みつかせてしまいます。

クリーニング店に持ち込む場合は
何もしない状態で持っていくのが正解。

ついてしまった汚れの種類を伝えておくと
なお確実と言われています。

なので
クリーニングに持ち込む場合は
「何もしないで」
持っていくように
して下さいね。

 

油性ペンの染み!自分でなんとかしてみたい時の方法


油性ペンの汚れを
クリーニングに持っていければいいのですが
お金もかかるのが気になる、
クリーニングに出したり取りに行く時間が
ない場合もありますね。

そんな時は自宅でできる油性ペン汚れ落としを
実施してみましょう。

ただし時間と手間がかかる、
または完全に汚れが落ちるとは限らない
ということを肝に銘じておいて下さいね。

布にしみ込んだものは汚れを浮かせることが大事

油性ペンが落ちにくい理由は
定着剤が入っているからと言われています。

まずはこの定着剤や汚れを浮かせることがポイントです。

汚れを浮かせると言えば、
油や洗剤をイメージされるかと思います。

どちらも使用ができ
ますので分けて紹介をしていきますね。

 

液体洗剤をつけて一晩放置してから洗濯

汚れには洗剤、ということで簡単にできるのが
液体洗剤を汚れに直接塗ってしまう方法です。

私は食べ物汚れやエリ汚れでよく実施をしていますが
液体洗剤をつけて洗濯をするだけで
綺麗になってくれます。

その方法を油性ペンでも実施をしていきますが、
油性ペンの場合は
何度か繰り返し行っていかないと
完全に落とすのが難しいとも言われています。

ただ効果はあるという結果も出ていますので
試してみる価値はありますね。

液体洗剤をつける際、
そのまま服につけては他の部分に汚れを移してしまうこともあるので
当て布をするなどして
他の部分を汚さないようにして下さい。

長くて一晩は放置し、
翌日に洗濯をしてみると
汚れが薄くなっています。

これを何度か(2~4回は)
繰り返していけば汚れ落ちが期待できますね。

 

油分で汚れを浮かせてみる

油性ペンの原材料には
油が使われているので
同じ油分の入ったもので
汚れを浮かせるのも効果的ですね。

浮かせるにはクレンジングオイル、
なければハンドクリームなども代用できます。

この際、オイルを
そのままつけてしまうと
服全体がベトベトしてしまいますので、
別の布にオイルをつけ、
その布で叩くようにして
汚れを吸着していくのがいいです。

汚れが付着したら
また別の面を使うようにすれば
汚れが広がることもありません。

ある程度汚れが落ちたら
普通に洗濯を回してみればOKです。

この方法は
消毒用のエタノールでも
実施できるので
オイル系がない場合は
エタノールでもいいですね。

私はエタノールの使用は服ではやったことがないのですが、
ガラスについた油性ペンを
綺麗にしたくてエタノールを拭きつけてから
拭き掃除をしたことがあります。

その時はエタノールの効果で
汚れが油性ペンの成分が浮き上がり、
汚れを綺麗に落とすことができましたので
服にも同様の汚れ浮かせ効果が期待できると思います。

 

まとめ

油性ペンの汚れはとにかく厄介なものです。

一番確実なのはクリーニングに出してしまうことですが、
確実に落としてもらうためには
水につけない、
洗濯をしないまま持ち込むのが正解ですね。

また自分で洗濯をする場合は
まず汚れを浮かせることが大事。

液体洗剤を直接塗って放置、
クレンジングオイルや消毒用エタノールでの
たたき洗いを実施して
いくといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました