スーツのネーム刺繍のきれいな取り方!簡単な道具できれいに取るコツ

暮らし






ネーム刺繍をカッターなどで無理やりとるのは
スーツをダメにしてしまいます。

ちゃんとした方法と道具でとらないと
キレイにはとれません。

ネームのししゅうは細かい糸で何重にも糸が通してあり、
カッターやはさみでは
なかなかキレイにとれないものです。

そんな手ごわいネーム刺繍を
キレイにとるコツをご紹介していきますね!

 

 

スーツなどのネーム刺繍を取るのに必要な道具

ネーム刺繍は糸の中でもかなり細い糸を使って
何重にもミシンで叩くように縫いつけられています。

縫われている生地が繊細なものでしたら、
取る時にも生地を傷めないよう注意が必要ですし、
取った後も刺繍の跡がかなり残ってしまう可能性があります。

では、自分で取るのはやめた方がいいのか….
というとそんなことはありません!

実は二つの道具さえ用意すれば、
ネーム刺繍を取ることができます。

用意するのは、「リッパー」と「毛抜き」だけです。

わざわざ手芸店まで行かなくても、
どちらも100均でも売っているもので十分です。

 

スーツなどのネーム刺繍の取り方

上のイラストの「リッパー」を使って、刺繍の裏側の糸を切っていきます。

リッパーの先がとがっているので、
刺繍の細かい縫い目の中に通すことで少しずつ糸を切っていきます。

この時、
一気に糸を切ろうとして無理にリッパーを深く差すと
生地自体まで切ってしまいやすいので、気を付けてくださいね。

少しづつ、根気よく作業します。

裏側が終わると、
次は表側の刺繍部分を同様に切っていきます。

もし、刺繍の裏側が縫い合わされていて見れない場合は
刺繍の表部分だけをリッパーで切ってください。

 

ここまでできたら、
次は毛抜きで切った糸を少しづつ抜いていきます。

この時も糸を無理に引っ張ると生地がつられて穴が開いたりしてしまうので、
ゆっくりと抜ける糸から進めていってくださいね。

表の部分だけしか糸が切れなかった場合は
さらに抜きずらいでしょうが、
こちらも無理はせず抜けるところだけを抜いていき、
抜けない部分はハサミで短くカットして縫い目の中に入れ込むようにすれば
目立たなくなるでしょう。

 

糸をきれいに取り終えると、
実は生地自体にもしっかり縫われていた跡があるのが分かります。

そこで、
最後に生地について縫い跡を目立たなくするために
スチームアイロンで生地の目を整えるとよいでしょう。

裏地などのポリエステルの素材は熱に弱いので、
裏地に刺繍があった場合はあて布をしてから
アイロンがけをされると生地を傷めませんよ。

 

まとめ

なかなか手ごわいネーム刺繍ですが、
リッパーと毛抜きだけで
取れることが分かっていただけましたでしょうか?

もちろんネーム刺繍だけでなく、
ちょっと気に入らない刺繍のある服などにも使える方法です。

糸を切る場合も抜く場合も、
どちらもゆっくりと根気強く進めることが大事ですので、
出かける前などの慌てた状況でなく、
時間のあるときに落ち着いて行ってくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました