お年玉の相場!未就学児、小学生から大学生まで。折り方やお年玉袋の書き方

暮らし






毎年毎年、
新年早々悩むお年玉の金額。

いくらがいいのか?

金額が少なすぎたり多すぎたりと、
自分だけすごく離れた額を
入れてしまってはマズイですよね。

そんなことにならないように、
未就学児から大学生までの
お年玉の相場をまとめました。

子供の年齢(学年)別、お年玉平均一覧

未就学児(0歳-6歳)のお年玉平均

未就学児のお年玉の平均は1000円程度が多くなっています。

「500円」と「1000円」の占める割合がほとんどで、

あげても2000円ほどということです。

この1000円が相場だと言えるでしょう。

 

小学校低学年(7歳-9歳)のお年玉の平均

「1000円」「2000円」「3000円」あたりが多く、

500円はごく少数になっているようです。

このあいだの「2000円」程度が相場かもしれません。

 

小学校高学年(10歳-12歳)のお年玉平均

小学校高学年では「3000円」が多くなっています。

小学校高学年にもなると

子供自身がお金を出して使ったりする機会も増えてきて、

金銭感覚も出来てきます。

多すぎず少なすぎず、「3000円」程度が目安になるでしょう。

兄弟のいるおうちでは、

兄弟同士で金額の張り合いをしたりもするので、

「年齢÷2×1000円」というように決めてしまうのも良いかもしれません

 

中学生(13歳-15歳)のお年玉平均

中学生のお年玉は「5000円」が多くなっています。

この「5000円」が相場だと言えるでしょう。

 

高校生(16歳-18歳)のお年玉平均

高校生のお年玉は「1万円」が多くなっています。

中学生の時とと同じ「5000円」の場合もあり、

「1万円」が絶対ではありません。

高校生のお年玉の相場は「5000円以上」を目安にするのがいいでしょう。

 

大学生(19歳-22歳?)のお年玉平均

大学生にはお年玉をあげない人が多いようです。

お年玉を渡すケースもあります。

親戚間で20歳までとルールを決めていたり、相手家族から貰ったりする場合です。

あげるとしたら、「1万円」が多いようです。

 

お札と硬貨について

お札の入れ方(折り方)

お札は肖像(表)が内側になるように、

左から右の順に、

三つおりにします。

取り出して広げたときに表が上を向いている状態です。

 

硬貨の入れ方

硬貨も取り出したときに表側が上になるように入れます。

硬貨に記載されている製造年月がある方が裏側ですので、

表裏を確認してぽち袋に入れましょう。

 

ぽち袋(お年玉袋)の書き方

ぽち袋の表側には相手の名前を書き、

裏側には自分の名前を書くのが基本です。

 

金額のNGマナー

縁起を担ぎ400円、4000円などの

4(死)がつく数字は

縁起が悪いため避けるようにしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました