ユニットバスのカーテンレールがない!シャワーカーテン無しで快適!?

暮らし






ユニットバスを使う時に欠かせないアイテムのシャワーカーテン。

浴槽から、外に水が漏れないようにするのに便利ですよね!しかし、シャワーカーテンにはカビが生えやすいという最大のメリットがあります。

「シャワーカーテンは本当に必要なのか」気になりませんか?

そこで今回は、シャワーカーテンをつけない場合のメリットとデメリットについてお話したいと思います!

 

ユニットバスのシャワーカーテン無いメリット、デメリット

 

ユニットバスのシャワーカーテンが無いメリット

浴室は湿気が充満しやすく、カビが好む環境です。

シャワーカーテンはカビが生えやすいので、
使用後にしっかりと水滴を拭かないと
防止することが出きません。

それが毎日となると、なかなか大変ですよね。

シャワーカーテンを付けない、無いことで
カビが生えやすい物を取り除くことが出来る上に、
浴室が乾燥するのも早くなります。

空気の流れもよくなり、
カビが生えにくい環境になるのが最大のメリットです!

また、
シャワーカーテンがないので浴槽などの掃除がしやすくなるのもメリットです。

気を付けてシャワーをすれば、
意外とトイレエリアの方が濡れないように出来ますし、
跳ねてとんだ水滴位ならば、ほっといてもすぐ乾きます。

 

トイレマットはずーっと置きっぱなしにはできませんが、
シャワーのときはビジネスホテルみたいに
シャワーを使う時だけ足マットを敷くとかで対応出来ます。

カビを発生させないためにも
カーテンは無くても大丈夫なのかもしれません!

空間を広く使うこと・清潔に見せることができることも嬉しいポイントですね!

 

ユニットバスのシャワーカーテンが無いデメリット

一人暮らしなら良いのですが、2人以上で同居する場合は、
どちらかがお風呂に入っている間は、
トイレを使いずらい事ではないでしょうか。

カーテンで空間を仕切っていても気を使うと思いますが、
カーテンがない場合は隠す物がないため躊躇ってしまいますね。

というか、まず無理ですよね(笑)

また、カーテンがないため洗面所やトイレのスペースが濡れてしまいまうので、
電気製品のドライヤーなどはもちろん、
トイレットペーパーも気をつけておかないと大変な事に!

床にはトイレマットなどは置かない方が良いでしょう。

 

 

ユニットバスのカーテンレールがないときのシャワーカーテンのおすす

 

浴室にカーテンレールがついていない場合

カーテンレールがついていない時、
カーテンレールを取付するのが一番いいですが、
賃貸は穴あけには許可がいるので、勝手には開けられませんよね。

そこで、便利なものが「突っ張り棒」です!

突っ張り棒はホームセンターで手軽に購入できますし、
穴や傷をつけずにカーテンレールを付けることができるので
賃貸でも安心して使用できますね。

おすすめのシャワーカーテン

シャワーカーテンを選ぶ際は、注意したい3つのポイントがあります。

購入する際の参考にしてみてくださいね。

・防水・防カビ加工がされているものを選ぶ。
・お風呂場のサイズに合ったものを選ぶ。
・ビニールの臭いが気になる場合、ポリエチレンかポリエステル素材のものを選ぶ。

 

おすすめの半透明シャワーカーテン

シャワーカーテンの色やデザインで迷っている方にオススメ!
半透明でおしゃれな雰囲気を感じられるシャワーカーテンです。

半透明なので圧迫感も無くシンプルで清潔感があり、
上質な大人の空間を演出できますよ。

余計な色や柄が入っていないので、
お風呂場や洗面所の雰囲気を乱すこともありませんし、
圧迫感も気になりません。

また、防水・防カビ加工はもちろんのこと、
それに加えて保温効果も良いカーテンなので寒い季節には嬉しいポイントですね。

シンプルなので汚れが目立ちやすいという点もありますが、
布やタオルで拭いてあげるといつも清潔に保てますよ。

何よりも安いので、汚れたら交換するのもいいですね。

まとめ

 シャワーカーテンを付けない最大のメリットは、
 カビが生えにくい事!また掃除がしやすい、空間が広く見えて使いやすい。

 シャワーカーテンを付けないデメリットは、空間を仕切る物がないため、
 同居する場合は使用する際に気を遣う。

 洗面所やトイレスペースが濡れてしまうため、ドライヤーなど置けない。

 カーテンレールがない場合は、突っ張り棒で代用できる。

 シャワーカーテンを選ぶ時は、防水・防カビ加工のされたものを選ぶと良い。

 

シャワーカーテンが無いメリット・デメリットを上げてみました。

どちらが快適に過ごせるかは人それぞれですが、カビが生えにくいということは最大のメリットではないでしょうか。

また、シャワーカーテンを付けたいけれどレールがない場合は、
突っ張り棒で代用できるので是非、参考にしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました