春一番の時期はいつ?吹かない場所もある!

ニュース
強風






寒いこの時期にふと暖かい日がやってきて、
すごい風も吹いて、
船が流されて座礁したり、
お店の看板が飛んだり、
建設現場の足場が傾いたりと
あちこちで被害が出たりする「春一番」とは
どんなものなのでしょう?

 

春一番という強風はどうして出来るのか?

春一番とは?時期はいつ、どんな風?

春一番は立春(2月4日頃)から春分の日(3月20日頃)の間の期間で
気圧差による最初に吹く暖かい強風です。

この時期に日本海に温帯低気圧が発達して
太平洋側の高気圧からの風が吹き込むのです。

つまり、風は高気圧から低気圧に向かって吹くので、
強風が発生するためには高気圧は高く、
低気圧は低いほうが、
高低差があって強い風が吹くのです。

南からの高気圧は暖かい空気なので、
春一番になると強風に乗って、
暖かい空気が来るので気温が上がるのです。

 

 

暖かくなったのに、また寒くなる

たいてい次の日は冬型の気圧配置の西高東低に逆戻り!
西側の寒気に押し戻されて、また寒くなってしまうようです。

春一番で暖かい日になって、次の日はまた寒くなるなんて嫌ですね。
寒暖差が激しい春一番と次の日はまるでジェットコースター!
ほんと体調管理に気をつけないと、体がついていけませんね。

 

春一番の由来

「春一番」はもともと船乗りさんたちが使っていた用語で、
1859年(安政6年)の3月17日に
長崎県五島列島沖で操業していた漁師53名が
この風にあい全員遭難してしまったそうです。
その頃から、この地方ではこの時期特有の強風を「春一番」と
呼ぶようになったそうです。
それを気象用語として全国的に知れるようになったのです。

 

まとめ

春一番とは
1、立春(2月4日)から春分の日(3月20日頃)の期間
2、東南東から西南西の方角から風が吹く、
3、秒速8メートル以上の風
4、気温が上昇するその期間の最初の風

船乗りさん由来の用語で強風に体調に注意しましょう!

ちなみに、上記の条件が成立しない年や地域は結構あるもので、
春一番は毎年、どこでもあるわけでく、ない年や地域があるそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました