ワークマンの通販のお得な方法!アウトドアウエアを手軽に購入!

ニュース






「ワークマン」といえば作業着屋さんです。

工事現場で働いている人の作業着を
販売しているイメージでした。

最近はちょっと違うカンジで
アウトドアにも使えるデザインや
カラフルで街中でも着れる色のアウターが
たくさんあるのです。

だけど、店舗の販売面積が少なく
たくさんは置いていないのです。

当然、人気商品は売れ切れです。

そんな状態のなか、
ワークマンを探し周るっても あるかどうかわかりません。

ワークマンのオンラインストアがあるので、
ネットで通販するのが確実ですし便利ですよ!

 

ワークマンのアウトドア

昔は「作業着を買うなら、ワークマン♪」なんて
コマーシャルもやってましたが、
今は違いますね。

アウトドア、安くていいものワークマン♪

そんなカンジでしょう!

アウター類のアウトドアジャケットは
1900円~7000円位であったかいのが購入できます。

特にアウトドアに使えるアウターは
カラーも良くおすすめです!

キャンプや釣り、
バイクにトレッキングなど、
いろいろ対応できそうですよ。

 

ワークマンのインナー

ワークマンはアウターだけではないんです。

ユニクロのヒートテックみたいな
ヒートアシスト(HEAT ASSIST)というのがあり、
長袖シャツやタイツが
上も下も980円と手軽な値段なんです。

カジュアルに着れるポロシャツもあります。

インナーも安くておススメなんです。

普段着として使えるアウター(ウインドブレーカー、防寒着)や
インナー(高機能肌着)などがあるので、
ちょっとしたユニクロみたいですね。

あ、靴下もありました!笑

 

アウトドア用にとワークマンへ行ってみた!

アウトドア用のマウンテンパーカーみたいなものが欲しいと思い、 近くのワークマンに行ってみたら、
時期のせいか、スペースの関係なのかわからないけど、
あんまり置いていないのです。

そう、スペース1/5くらいかな。

お店のすみのワンコーナーという感じ。

ワークマンのメインは作業着なので、 当然ですよね。

アウトドア向けのウエアが少ししか置いて無くて、
気に入ったものは全くありませんでした。

価格がお得なので、素材や出来がに不安もちょっとあり、
ワークマンで実際に見て買いたかったのですが、
近い物もなく、サイズ、色違いも無く残念でした。

 

後日、近所にワークマンプラスが出来たので、 ワークマンプラスならばたくさんあるだろうから行ってみました。 ワークマンプラス川崎中野島店が開店したので、行ってみた!

 

ワークマンのネット通販

ワークマンにはオンラインストアというものがあり、
ネットで買えるのです。

ネット通販で買えば品切れの心配なしですよね。
人気が凄すぎて受付出来ないイージスなんてものもあるみたいですけど、
ほとんどのものは大丈夫。

オンラインストアで1万円以上買えば送料がかからないですし、
1万円以下でもワークマンで受け取りにすれば送料無料なのです。

自宅まで送ってもらうか、店舗に取りに行くか、
どちらでもオンラインで注文すれば売れきれの心配はないですね。

もし近所のワークマンは作業着ばかりで
気に入ったものが扱っていなくてもこれなら大丈夫!

オンラインストアでチェックして、
ワークマンでチェックして、 無ければオンラインストアですね。

オンラインストアでは品物の多さに意外とビックリしますよ。

ワークマンオンラインストア

軍手や皮の手袋(作業用)、
帽子もあり、
アウトドアに使えますよ!

 

 

ワークマンのアウトドアウエアが安い!

ちょっと前までは、
作業着屋さんのイメージしかなかったワークマンでしたが、
たまたま先日、会社に送られてきたカタログを見てビックリしちゃいました。

最近は建築系の作業着等だけではなく、
いろいろなユニフォームもあり、
白衣やエプロンもあるのです。

アウトドア用のアウターならば、
(ウインドブレーカー、レインウエア、防寒着)や
スポーツ、トレーニング用のウエアーなんかもあり、
登山、釣り、バイクに使えるものまであるのです。

高機能なインナー(汗を吸収し発汗する物)もあって、
それがなかなかデザインが良く、
品質は他のメーカー品と変わらず、
凄く安いのです。
1000円しないものがたくさんあるのです。

ウインドブレーカーならば
2900円から5800円位の
上位モデルまであり、
5800円のモデルは
「透湿」機能もあるので、
機能もすごいですよね。

透湿とは、素材の生地が雨は通さず、
湿気は通すもので、蒸れない優れものです。

昔はゴアテックスしかありませんでしたが
今はいろいろ開発されて、
機能が良く、安くなってきているみたいですね。

カラー(色)も作業着に多かった原色ぽい色ではなく、
他のアウトドアメーカーによくある色と
似ている感じでラインナップしているので、
とても高そうな感じです(笑)

有名メーカーに見えちゃう位です。

デザインのよいフード付きだったりするので、
これなら万が一、水がしみても、
耐久性が悪くても、
値段を考えれば、非常にコストパフォーマンスがいいのでは!?

作業等に限らず、 アウトドアで使うと、 どうしても擦れたり、
引っ掛けたりする。
そんな場合もあるので、 価格が安い方がいいですよね。

安ければこすっても気にしないで動けるし、
ダメになってもまた買いやすい(笑)

これなら穴があいても
「あらーあいちゃった」で笑って済ませます。

もともと作業着屋さんの服なので、
動きやすく作るのは得意なんです。

この動きやすいのがアウトドア、キャンプにも
当てはまりバツグンに使いやすいのです!

 

最近のアウター類の多くは綿では無く、ナイロン系ですよね

ナイロン系は火に弱く、 たき火で火の粉が飛んできたら、
まーるく穴があいてしまうのです。

ワークマンのアウター類も当然ナイロン系だったりしますが、
火の粉で穴が空いてしまっても、
安く購入しているので精神的ダメージは少ないはずです。笑

 

食品白衣やエプロン、女性用なども

業務で使うユニフォームを扱っているので、 食品白衣やエプロンなどもあり、
オフィスユニフォームや
飲食関係、医療関連のユニフォームもありました。
ちゃんと女性用の色とサイズもあります。

ただ、残念ながら子供用のサイズは
ありませんでした。
まだファミリー向けではないといったところでしょうか!? 今後に期待ですね。

 

まとめ

ワークマン店舗の規模によって、
置ける品物の数、種類が限られてしまうので、
カタログやオンラインのネットで
どんなものがあるのか、
調べてからワークマンに出かけましょう!

ワークマンオンラインストア

 

ワークマンに行きサイズや色などの現物確認で
品物が気に入れば購入してもいいし、
サイズ、色などが無い場合はネット通販。

ネット注文は1万円まとまれば、送料無料ですが
1万円以下は近くのワークマン店舗で
受け取りにすれば無料なので、
これを上手く利用するといいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました