子供が野菜を食べない!!このままで大丈夫?

暮らし






子どもにとって嫌いな野菜。

ピーマン・なすび・キノコ類・
にんじん・おくら・ねぎ・たまねぎなど。

大人になったら普通に食べられるものでも、
子どもの頃は食べるのが嫌で仕方なくて
ご飯の時間がとっても苦痛だった経験は
ありませんでしたか?

筆者は子どもの頃、
王道ですがピーマンが苦手で…

給食や、お家でのご飯にピーマンがあると、
一気にテンションが下がって、
我慢してお茶で流し込んでましたよ。

野菜が嫌いな子供が野菜をこのまま食べないとどうなる?

このままほっといていいのだろうか?
どうしたら食べてくれるのだろう?

など、頭を悩ませているママに
少しでも気分が楽になり、疑問が解決出来るような
内容をご紹介させて頂きます。

 

 

野菜をたべない子供はどうなるの?問題は何?

なんでうちの子は、野菜が嫌い?
私の料理が悪いの?
それとも、私の育て方が悪いの?

一つ悩みだすと、
どんどん深みにはまっていきますよね…

だけど、そのような悩みは今に始まった事ではなく
昔からずっとママが悩んでいることではないでしょうか。

だから、世の中の悩んでいるママ。
安心してください。

悩んでいるのは、
あなただけではありませんよ。

どのママも悩むことだと思って、
子どもの野菜嫌いの克服を目指しましょう!

では、まず野菜を食べないと
どのような問題があるのでしょうか。

野菜に多く含まれている栄養素である
「ミネラル」と「ビタミン」は
大人、子ども関係なく人間にとって
とても大切なものになります。

そのため、体にその栄養素が入ってこないと
風邪をひきやすくなったり、
お腹が痛くなったり、
頭が痛くなったり…

体調を崩す原因になります。
また、体調だけではなく
脳にも影響を及ぼしかねません。

記憶力・集中力などが欠けて
勉強に力が入らなくなる可能性も…
野菜を食べられない事を軽く考えて
何もしないと深刻な問題に発展しかねません。

しかし、すぐに子どもが野菜嫌いを
克服して食べることは難しいと思いますので
長い目で子どもと向き合って
野菜嫌いの克服を目指して、焦らずいきましょう。

 

子供の体に影響が!?野菜やご飯をたべないと病気になりやすい!?

野菜に限らずですが、
子どもの体に必要な栄養が不足すると
それが原因で栄養失調にかかってしまう可能性もあります。

また、先程ご紹介させて頂いた野菜に多く含まれる
「ミネラル」「ビタミン」がずっと不足した状態だと
欠乏症を引き起こしてしまい
命に係わることもあるそうです。

では、子どもの野菜嫌いやご飯を食べない原因は何だろうか?
考えられる原因を
いくつかあげてみたいと思います。

  1.  おやつの食べ過ぎ
     ご飯の前におやつを食べ過ぎて、
     お腹がすでに満腹状態でご飯が入らない。
  2.  生活習慣が乱れている
     夜更かしして、朝起きるのが遅いため
     朝ごはんが遅くなり、お昼ご飯との間隔が短すぎて入らない。
     そうすると必然的に夜ごはんも遅くなってしまいます。
     それを考えると早  寝早起きで規則正しい生活を送る事が基本になりますよね。
  3. 運動不足 
     体を動かさないとエネルギーも使わないので、お腹もすかないですよね。
     子どもは、元気にお友達と体を動かせて遊ぶ方が
     お腹をすかせるには理想かもしれませんね。
  4.  ご飯よりも気になるものが近くにある
     例えば、テレビ・スマホ・おもちゃなど。
     ご飯よりも気になるものが近くにあれば、
     ご飯を食べることに集中できませんよね。
     ご飯の間は、家族でおしゃべりしながら
     楽しく食べる事も大事かと思います。

今回上げたのは一部にすぎませんので、
他にも原因があるかもしれません。

野菜を食べる事も、
ご飯をしっかり1日3食しっかり食べる事も
成長していく子どもにとっては
勉強とよりも大事なことだと思います。

健康第一ですからね。
体が健康でないと好きなことも出来ませんし…

ぜひ、その食べる事の大切さを
子どもに教えてあげてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

野菜嫌いはママにとっても子どもにとっても
難しい問題ですよね。

筆者もせっかく作ったご飯や、
嫌いな野菜を工夫して作ったご飯を
食べなかったり、残されたりしたら
当然イライラしてしまいます。

だけど、どうかイライラする気持ちは封印して
長い目でお子さんと向き合ってみてください。

子どもと一緒に野菜を育ててみたり、
一緒に料理をしてみたり、

野菜が美味しいことを
ママが食べながら見せるとか。

子どもの好きなメニューに
嫌いなものをサラッと入れてみるなど。

ぜひ色々試してみてください。

大人になれば、今のこの悩みも
お互いにとって笑い話になるはずです。

子どもとそのご家族にとって、
ご飯を食べることが楽しい時間となり
野菜もご飯もモリモリ食べられるようになるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました