ガムテープの粘着の取り方はコツがある!楽にキレイにする方法

暮らし






何かをくっつける時に何かとお世話になるガムテープ。

でも時間が経過してしまうと剥がしづらくなったり、
剥がしたら痕が残って汚い…
なんてことがよくありますよね。

私も引っ越しの際、
家具に貼ったテープ痕が気になって
仕方がありませんでした…
痕が残っているとベタベタもして
ホコリやゴミもついてしまい、
やはり見た目がやはり気になるものです。

そんな頑固で剥がしづらいと言われているガムテープですが
実は身近にあるものを使ったり、
ほんのちょっとのコツで綺麗に剥がすことができるのです。

家具や壁を綺麗に保つため、
ガムテープの粘着が見事残らず
剥がせる方法を紹介していきます。

ガムテープ粘着のきれいなはがし方

貼ったばかりのガムテープは
実は道具を使わなくても
きれいに剥がせるコツがあるのです!

それらを試してみて
「痕が残りそう!」
と思ったら、
即中断して、
ドライヤーや中性洗剤、お酢など
身近な道具を使っていく方法に
切替していきます。

 

はがす時はゆっくり静かに

貼って時間があまり経っていないガムテープは
粘着がまだバッチリではないので
ゆっくり剥がせば
綺麗に取れる可能性があります。

粘着面を見ながら
時間をかけて
ゆーっくりと剥がしていくと、
粘着の痕が残らないように
剥がせていると思います。

まずはこの方法で
試してみてくださいね。

 

ドライヤーを使ってみよう

ガムテープを貼ってから
少し時間が経過したものは
粘着が残り易いものです。

そういう粘着が残りやすいものは
ドライヤーで熱を加えると
粘着面が柔らかくなり、
粘着が残らないで
剥がれてくれる可能性が
高くなります。

ガムテープのはじを
ほんの少しだけめくり、
そこにドライヤーの熱風を当てながら
ゆっくりと持ちあげていくようにすると、
柔らかくなった部分から
徐々に粘着と一緒に剥がれていきます。

 

中性洗剤を使ってみよう

洗剤はどの家庭にもほぼあるアイテムですね。

ガムテープやシール剥がしの際には
最もメジャーな道具とも言われています。

ガムテープのはじを少しだけめくり、
そこから浸透していくように
洗剤をたらします。

あとは洗剤が乾かないように
上からラップをして
1時間ほど放置をすれば
テープの接着面全体に洗剤が浸透します。

場合によっては
ラップを剥がしただけで
ガムテープも一緒にペロンと
気持ち良く剥がれてくれる場合もあるんです。

 

お酢を使ってみよう

お酢にもガムテープの粘着質を弱めてくれる効果があります。

ちょっと匂いが気になるところですが
中性洗剤と同じように
ラップでパックをしておけば、
綺麗に剥がすことができます。

お酢も洗剤同様、
身近にあって使いやすいものなので
とりあえず挑戦するのに
オススメです。

 

 

ガムテープのベタベタの取り方

ガムテープがうまく剥がせないと
その痕はベタベタしていて
触るたびに嫌ですよね。

そんなベタベタも
身近なアイテムを使って落とすことができるので
試していくといいですね。

 

ガムテープでペタペタしてみて

簡単な方法です。

貼って間もないガムテープなら、
剥がしたガムテープのベタベタ面を
残った粘着に
ペタペタと叩きつけてみると
そこに残った粘着が
くっついて取れる場合もあるのです。

私も何度か試したことがありますが
意外と綺麗に落ちて
スッキリ~としたことがあります。

剥がしたテープが
粘着が弱い場合は
新しいガムテープを
使用してみてください。

 

ハンドクリームで綺麗に落とす

身近なもので意外と使えるのが
実はハンドクリームです。

ハンドクリームだけでなく、
油分を含んだものなら使えます。

ベタベタの部分にクリームをたっぷりと塗り、
1時間ほど放置をしてから
定規等でこすると
ベタベタ部分が
綺麗に剥がれ落ちてくれます。

簡単な接着なら時間を置かなくても
ハンドクリームを指につけて転がすようにすれば、
粘着がポロポロと肌の角質のように取れてくれるので、
スッキリした気分になりますよ。

 

簡単なものは消しゴムでこすってみる

ごく小さなベタベタならば
プラスチックの消しゴムを
使うのもオススメです。

消しゴムでこすると
ベタベタが取れてくれますが、
ほんのちょっと痕が残ったりした場合は
濡れた布巾で仕上げ拭きを
すると綺麗に落とすことができます。

 

ジッポオイルも使える

持っている方が限定されるアイテムですが
コスト的にはそれほど高くはないので
テープ剥がしの目的で購入してもいいですね。

実はかなり効果が高いと言われているジッポオイルは
テープを剥がすのにも、
ベタベタを剥がすのにも使えます。

オススメはオイルをたらして
ラップをするパック方法です。

1時間ほど放置し、
オイルをテープに浸透させてから剥がすと
ペロッと剥がれて
綺麗スッキリしますよ。

 

まとめ

ガムテープは貼って時間が経つと
剥がしづらくなるので
早めに剥がしたいところですね。

時間が経って剥がしづらいガムテープは
中性洗剤のパックやお酢パック、
ドライヤーを使って温める方法をしてみると
綺麗に剥がせる可能性があります。

綺麗に剥がせずに
ベタベタな痕が残ってしまったら
テープの裏面を使うもよし。

ハンドクリームやジッポオイルを使うのもいいですね。

子供が貼ってしまったシールを
剥がす際にも使えるので
身近にあるもので、
ぜひ試してみて下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました