コーヒーって子供にいいの?何歳からなら安心?影響のない飲ませ方!

暮らし






大人にとって
カフェタイムやリラックスタイム時に
よく飲まれるコーヒー。

飲むとホッとできますよね。

でも
側にいる子供も興味津津で見ており、
「飲みた~い」なんて
言われてしまうことがあると思います。

おいしいから
飲ませてあげたいと思う親心の一方で、
気になるのはやはりカフェイン。

子供には大丈夫なのかな?

大人でも
デリケートな方は
眠れなくなったりするのに
子供が飲んでも大丈夫なものなのか
ちょっと心配ですよね。

でも気にする方も多い半面、
実は子供に飲ませるのに
あまり気にしていない方も
多いものなんです。

では
子供がコーヒーを飲むと
どんな影響が心配されるのか。

また
どうしても飲みたいと言っている場合は
どうしたら安心して
飲ませることができるのか紹介していきます。

コーヒーなど子供のカフェイン、医者もいろいろな見方があるようです!

子供がコーヒーを飲むことは
あまり推奨はされていません。

でもハッキリと
ダメとも言われているわけでもありません。

ただ飲むと心配される影響が
いくつかあることだけは
医者の見方も色々とあります。

 

興奮して眠れなくなることが心配

子供にとって睡眠は
成長をする上では重要なもの。

コーヒーって
大人でも飲むと
眠れなくなることがありますよね。

子供の場合は
それが影響する可能性が大きいのです。

眠れなくなってしまうと
成長に影響が出るのも心配ですね。

小学生の場合は
眠れなくて日中に
眠くなってしまうと
学業に影響が出てしまいます。

 

年齢が低いとけいれんを起こす場合がある

コーヒーに含まれる成分により、
低年齢の子供が
コーヒーを飲むとけいれんを起こす場合もあります。

けいれんが
すぐに治まればいいですが
10分以上のけいれんは
命の危機に関わるアレルギー反応の可能性もあるんです。

大きくなればその可能性も
低くなると言われているので、
低年齢でのコーヒーは
そういった面でも
注意しなければいけませんね。

 

でもたくさんじゃなければ大丈夫、個々に合わせた飲み方で

コーヒーはよくはない
とは言われていますが、
絶対に飲まないで
とは言われてはいません。

微妙な感じですよね。

できれば避けた方がいいもの
と言われています。

どうしても飲みたい場合は
少なめの量を飲む、
牛乳で割るなどして
コーヒーの量を減らし、
カフェインの過剰摂取を
しないようにするのが重要です。

また睡眠時間に関わる
夕方以降に飲むのを避ければ
睡眠にも
影響はあまり出ないとされています。

 

オススメされる年齢は中学生になってから

中学生ぐらいになると
身体がだいぶ
大人に合わせた状態になっています。

なので
コーヒーを飲んでも
その影響はあまり出ないとされていますが、
それでも過剰な摂取は
しない方がいいですね。

これは大人も同じことです。

ただコーヒーを飲むと
興奮作用で頭がさえるので、
日中の学業に精が出るという、
プラスの効果が
期待できる場合もあります。

 

 

コーヒーを子供が飲む場合、いろんなアイデア

大人でもおいしいコーヒーは
子供も気に入ってしまうことがあります。

という私も
小さい頃はコーヒー牛乳を
よく飲んでいましたが
成長にはなんの影響もないように感じています。

なので
子供にコーヒーを飲ませる場合は
ほんの少し工夫をすれば
影響も少なく、
安心して飲ませることができるんです。

 

牛乳多めでカフェオレやコーヒー牛乳にする

実は
コーヒー1杯分のカフェインは
子供にとっては多め。

なので
カフェインを少なくするためには
牛乳や豆乳で割って
しまうのがオススメです。

牛乳も豆乳も
栄養価が高いので、
コーヒーと一緒に
カルシウムや鉄分などの
必要なものも摂取ができる
というわけです。

また、
市販されているコーヒー牛乳は
入っているコーヒーの量は少なく、
半分以上が牛乳でできています。

牛乳が苦手な子供は
コーヒー牛乳を試してみるのもいいですね。

子供の1日のカフェイン量は
コーヒーはカップの4分の1、
残り4分3は牛乳
それで割ってしまうのが
理想とされています。

 

寝る前には飲ませないで日中に飲む

カフェインの影響で気になるのは
脳が活性化してしまうこと。

日中はいいですが
夜に活性化してしまうと困りますね。

なので
コーヒーを飲ませる時間帯も重要で
寝る4時間以上前には飲まない方が無難。

子供の場合、
カフェインを摂取してから
覚醒状態が終わるまで
5~6時間はかかると言われているので
その時間前には
飲まないようにするのが
子供の安眠へのポイントです。

 

ノンカフェインコーヒーを飲ませる

最近では
妊婦や授乳するママのために
増えているのが
ノンカフェインの飲料です。

赤ちゃんの品物が売っている西松屋や
赤ちゃんホンポ、一般的なドラッグストアでも
購入することができます。

ノンカフェインの飲料は
カフェインが入っていないものの、
味的には普通のコーヒーと
ほとんど代わりがありません。

なのでおいしく飲めます。

 

 

まとめ

子供にコーヒーをねだられると
大丈夫かな~と心配になりますが
基本的には飲みすぎなければ
悪影響は出ないと言えます。

ただ
時間によっては眠れなくなったり、
胃が荒れてしまったりということがあります。

飲む時間帯や量には注意をしていきます。

カフェインが気になる場合は
コーヒーを牛乳や豆乳で割ったり、
ノンカフェインのコーヒーを
飲ませるのがオススメです。

わりと気にせず飲ませている方も多いですが
飲ませる時間帯や
砂糖はあまり使わないようにとか
出来るだけ配慮はしましょう。

飲ませる場合は
その辺りを気を付けて注意してくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました