海水の作り方は水1リットルに塩何グラム!?1%や5%塩水の作り方

暮らし






簡単にいうと海水は水1Lに30gです!

海水を使った美味しい料理、
プロの料理人なども使っているテクニックの
「海水漬け」というものを紹介します!

海水以外の
1%や5%の食塩水の作り方もあわせて紹介します。

 

海水を作って海水漬け調理法でうまみUP!

「海水漬け」とは、
お肉を海水に近い濃度の塩水で漬けてから焼くと、
焼いた時の水分量が海水漬けをしなかった時より
約14%も多く残してくれるテクニックのことです。

ということは
海水漬けをしてから焼くだけで
お肉がパサパサになるのを防いでくれるんですね!

人の味覚は
水分と一緒に味覚の成分が舌に染み込むことで
感じられるのです。

お肉などを焼いたときに
残っている水分量が多い方が、
よりうまみなどが感じられることがわかっています。

またなぜ海水がいいのかというと、
塩の成分が水に溶けていることで
水分とともにまんべんなく素材の中に浸透し
ムラなく塩の成分をいきわたらせることができるからです。

 

海水漬けの方法はとっても簡単で、
約1リットルの海水にお肉を漬けておくだけなのです。

 

この時に風味付けをしたりする為に、
にんにく、紫蘇、昆布などを一緒に入れて漬けておくと
さらに美味しくなりますよ。

漬けておく時間は鶏胸肉で約2時間くらいを目安にします。

 

2㎝くらいの厚みのお肉でしたら1時間くらいで十分です。

 

簡単すぎて、今ではプロの料理人だけでなく主婦の方にまで広がり
「海水漬け」ブームになっています!

では「海水漬け」に使う塩水って何パーセントの濃度で塩はどの位入れたらいいのか疑問ですね….

そこで次は海水の作り方を詳しくレクチャーします!

 

 

海水と同じ塩分濃度の塩水とは

 

まずは実際の海水の中には
どのくらいの塩が含まれているかご存知ですか?

海水は調べる場所で濃さが変わっているのですが、
だいたい3.1%〜3.8%の塩分濃度だと言われています。

塩分濃度とは海水に含まれる塩分の濃さを表しており、
ふつう料理などで使われる海水の塩分濃度は3%をさしています。

ですので、
水1リットルの場合では塩が30g必要となります。

つまり
水1リットルに対して、大さじ2杯で海水ができる
と覚えると便利ですね!

この3%の塩水は「海水漬け」以外にも、
野菜の浅漬け、ナスやゴーヤのあく抜き、アサリの砂抜きなど、
様々な料理のシーンで出てきますので
よく使うと思います。

 

1%、5%などの食塩水を作るときの水と塩の量

海水以外の塩水の作り方も一緒にご紹介していきますね。

例えばリンゴの色止めやパスタを茹でる際には
1%の塩水がちょうど良かったりしますし、
もし生理食塩水を作る場合も
大体1%の食塩水で作るようですので
覚えておくとよいですね。

1%の塩水を作る際は、水1リットルに対して塩は10gとなります。

もし5%の塩水を作りたい場合は、水1リットルに対して塩は50gとなります。

水が1リットル(1000ml)ではなく100mlの場合でしたら、単純に塩の量を10分の1に置き換えてくださいね。

1%の塩水でしたら、水100mlに塩1gとなります。

この作り方は普段の生活で料理などに使う為の方法ですので、
厳密にいうと多少実際の濃度とは異なります。

おおよその目安としてご紹介しています。

もし厳密に塩水を作りたい場合は、
出来上がり量が1リットルの1%の塩水でしたら、
水が990g(990ml)に塩が10gとなります。

 

食塩水1000gに塩10g入っていれば1%になります(10/1000=0.01=1%)

中学の数学の問題みたいですね(笑)

 

同様に、出来上がり量が1リットルの5%の塩水でしたら、水が950gに塩50gとなります。

 

計算自体は単純なものとなりますが、
1%、3%、5%の塩水の作り方を知っていると
料理などで使う際に迷わなくてすみますよ!

 

まとめ

今回は知っているようで、
いざ作ってみようと思っても分からないことが多い
塩水の作り方をご紹介しました!

料理のレシピなどにもたまに
「3%の食塩水を使用する」
などとあっても、
これからは慌てずに塩水を作ることができますね。

ぜひ「海水漬け」とともに覚えて、毎日のご飯作りに役立てくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました