ポリエステルの洗濯方法は難しいの?失敗しない方法

暮らし






ポリエステルの正しい洗濯方法を知っていないと
ダメにするかもしれません。

ポリエステルは耐久性があり、
シワや型くずれしづらく扱いやすいため、
自宅で簡単に洗うことができる便利な素材なんです。

だけど、熱には弱い素材なのです。

そんなポリエステルの正しい洗濯方法をご紹介します。

 

ポリエステルの特徴は?気を付ける事

ポリエステルとは「合成繊維の一種」で丈夫でシワになりにくく、
吸湿性が低い事が特徴です。

ポリエステル素材の服を洗濯したときに、
縮んでしまったことはありませんか?

その原因は「熱」にあります。

でもポリエステルって、熱に強い?イメージがありますよね。

 

実は、合成繊維の中では熱に強いポリエステルですが、
乾燥機など長時間の熱には耐えることができません。

 

ポリエステルの洗濯は乾燥機を使わない

ポリエステルは熱に弱いので、乾燥機で長時間の熱を当て続けると縮んでしまいます。

ポリエステルの素材には使わないようにしましょう。

 

ポリエステルは速乾性があり乾きやすいので、
乾燥機を使わなくても比較的早く乾きます。

天日干しで乾燥させるのが良いですね!

 

アイロンを使う際は、当て布をする

アイロンの熱でもポリエステル素材の服が縮んでしまうことがあります。

直接アイロンの熱を当てると、洋服が縮んでしまうのです。

ちょっとくらいいいかな?と思わずに、
アイロンを使う際にはしっかりと
洋服とアイロンの間にあて布を挟み、熱が伝わりすぎないようにしましょう。

そうするとことで、洋服が縮むのを防ぐことができます。

 

ポリエステルを洗濯する前に、気をつること

洗濯表示の確認

洋服には洗濯表示が付いているので、洗濯をする前に必ず確認するようにしましょう。

水洗いマークが付いていれば、ご自宅で洗濯をすることができます。

手洗いマークも同様ですが、
水洗いマークが✖でドライクリーニングのマークがある場合は、
クリーニング店での洗濯になります。

色落ちのチェック

〈用意するもの〉

・洗剤

・白い布(汚れてもよい布)

まず、洋服の目立たないところに少しだけ洗剤の原液を付けてみて下さい。

何分か経った後に白い布をあててみて、
この時に色が移るようだと洗濯することはできません。

特にポリエステル100%のものですと、
デリケートな素材のため色が落ちやすいので気をつけてくださいね!

 

 

ポリエステルの物をきれいに洗濯する方法

 

ポリエステルの洗濯には、洗濯機と手洗いの2つの方法があります。

ポリエステルの洗濯機での洗濯

<用意するもの>

・弱アルカリ性洗剤

・洗濯ネット

 

<洗濯方法>

  1. 毛玉をつきにくくする為に洋服を裏返して畳み、ピッタリサイズの洗濯ネットに入れます。大きいサイズのネットに入れてしまうと、洋服が動いてシワの原因になるので、ピッタリサイズの洗濯ネットに入れましょう。
  2. 洗濯機に弱アルカリ性洗剤と柔軟剤を入れて回します。
  3. ポリエステルは汚れが付きやすいので、洋服を詰め込み過ぎない・汚れた服と洗わないようにしましょう。

 

たっぷりの水と、洗剤が泡立った状態で回すときれいに洗えますよ。

 

ポリエステルの手洗いでの洗濯

洋服を優しく洗いたい方には、手洗いがオススメです。

<用意するもの>

・洗面器

・おしゃれ着用中性洗剤

・柔軟剤

 

<洗濯方法>

  1. 洗面器にぬるま湯と、おしゃれ着用中性洗剤を入れます。
  2. 洋服を15分ほど付け置きをした後、手で軽く押さえるようにして洗います。
  3. 洗面器の水を数回かえて、優しくすすぎます。
  4. 最後に静電気防止のために柔軟剤を少し入れて終わりです。

 

私は ポリエステルの素材を洗う時は「おしゃれ着洗剤のアクロン」を使っています。

洋服を優しく洗えること、またポリエステルだけじゃなく、
ニットやスカートの型崩れや毛玉を防いでくれるのがポイントで使ってます。

優しいフローラルの香りも、とってもお気に入りでいいですよね!

 

 

柔軟剤は赤ちゃんの衣類にも使うことができるラボンを愛用しています。

何かと安心して使えることが嬉しいポイント!
そしてこの柔軟剤は、とにかく!香りが好きです。

種類が色々あるので、お気に入りの香りを見つけてくださいね。

 

 

まとめ

  • 洗濯をする前に、洗濯表示の確認と色落ちのチェックをする。
  • 洋服を洗濯する際は、ピッタリサイズの洗濯ネットに入れてシワ予防する。
  • 洗濯機を使う場合は弱アルカリ性洗剤を、手洗いの場合はおしゃれ着洗剤を使う。
  • 乾燥機はポリエステルの洋服を縮める原因になるので使わないようにする。
  • アイロンを使う際には、あて布をする。

一度、洋服を縮めてしまうと元の状態に戻すことはなかなかできません。

正しい洗濯方法で、お気に入りの洋服を長く大切に着続けられるようにしましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました