医療費控除で金額を計算すると5万8千円戻ってくる場合は!?

ニュース






例えば、医療費控除額が29万円の方は5万8千円となります。

結構帰ってくるものなんです!

 

めんどくさいですけど、医療費控除の書類を少し?書くだけです。

 

もしかして、 医療費控除はそんなに沢山は戻ってこないだろうし、

めんどくさいしと思っていませんか?

 

医療費を年間10万円以上払った方は

少し頑張って書類を提出して、医療費控除をしてみましょう!

 

申告はこちら
国税庁確定申告窓口

 

医療費控除とは何?

 

1年間で医療費が沢山かかったら、税金を少し安くしますよ!

というものです。

 

医療費控除って、どのくらい戻ってくるの?

皆さんが同じ額戻ってくるわけではないです。

 

1年間の総医療費が10万円を超えた分を

所得税率をかけた金額が戻ってきます。

 

家族まとめて申告出来ます。

 

医療費控除額とは

一年間の総医療費から

入院給付金と

10万円(もしくは総所得の5%との金額の低いほう)を

引いた金額です。

 

例えば、年間の所得が500万円の方が、

1年間の支払った医療費が50万円とすると、

入院給付金などで11万円支給された場合の

医療費控除の金額を計算してみますと

 

医療費ー入院給付金ー10万円=医療費控除額

50万ー11万ー10万=29万円

 

この29万円が医療費控除額になります。

 

これは、

控除額であって、

戻ってくる金額ではないです。

 

 

この29万円に課税所得金額の所得税率を掛けてると

金額が出ます。

 

 

課税所得金額とは

 

課税所得金額とは収入から必要経費、各種控除を引いた金額です。

 

収入ー必要経費ー各種控除=課税所得金額

 

所得税率とは

 

所得税率は課税所得金額によって変わります。

 

例えば、課税所得金額が400万円だとすると、

330万~695円の枠にあてはまり、その所得税率は20%になります。

(195万以下は5%、195~330万以下は10%)

 

医療費控除で戻ってくる金額は?

 

医療費控除額×課税所得税率=戻ってくる金額

 

29万×0.2=5万8千円

 

この額が所得税から引かれるか、戻ってきます。

 

まとめ

 

医療費を沢山払った人程戻ってくる金額も大きいので、

いっぱい医療費を払った方は必ず申告したほうがよいでしょう!

 

上記の国税庁のサイトや税務署に行くと親切に

教えてくれます。

 

税務署に行く時間の無い方もネットで作成して

郵送等で送れば、税務署に行かなくても申告出来ますよ。

 

ぜひトライしてみてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました