バカマツタケ通販でニコニコ!松茸と同じで価格は安い!

ニュース






マツタケの近縁種「バカマツタケ」の人工栽培に成功

 

奈良県森林技術センターと整備機構森林総合研究所が

共同で2015年から研究していて、

林内で「バカマツタケ」を発生することに

成功したと発表がありました。

 

これからは、栽培技術を確立していく段階になり、

奈良県内のきのこ生産者に普及する予定だそうです。

 

多木化学株式会社が完全人工栽培成功

 

 

バカマツタケとは?

 

初秋にコナラ、クヌギやシイ類などの広葉樹林の地上に発生するきのこで

マツタケならば松林で発生するが、バカマツタケは雑木林に発生する。

 

大きさがやや小ぶりなだけで、香りも味も感触などマツタケに劣らない。

むしろ香りはマツタケよりも強いくらい。

このすばらしい香りはバカマツタケとマツタケくらいだそうです。

 

この「バカマツタケ」がたくさん採れればいいのに、

なぜか流通してないですよね?

数が採れないのでしょうね。

 

 

「バカマツタケ」にとは何ともかわいそうな名前だが、

本家のマツタケより、少し早い時期に、

赤松ではなく違う場所の雑木林に出てくるため

バカなマツタケということからこの名前があるそうです。

 

今回人工栽培が確立されれば、「バカマツタケ」は

販売に影響しそうな、そのままの名前ではなく、

何かしらの商品名で販売するでしょう。

 

 

通常のマツタケは赤松などの松林に生え、

バカマツタケはコナラなどのある雑木林の

斜面の水はけのよい場所に生えるそうです。

 

マツタケやバカマツタケは生きている樹木の根から養分を

もらって生きているため、

瓶などを使った人工栽培がいままで成功していませんでしたが、

今回林内で成功したということです。

 

 

詳しい記事はこちらから。

バカマツタケの完全人口栽培成功

 

 

 

バカマツタケの価格?

今現在は人工栽培物の「バカマツタケ」はまだ販売されていないので、

価格はわかりませんが

天然物の「バカマツタケ」は「マツタケ」より、かなり安いので

100グラム2000円とかのマツタケの1/3~1/5位でしょうか。

流通はしていないので、スーパー等ではまず見かけません。

値段はバラバラ。

 

 

5月に採れるマツタケの偽物、

「早松茸(さまつたけ)」というのがあり、

香りがない偽物なのに「松茸」と同等に扱われ

100グラム10万円という破格値で売っていた事もあり、

天然物は時期と大きさで、価格がかなり違うようです。

それにしても、香りがない偽物にこの価格はちょっとびっくりです。

 

人工栽培物の「バカマツタケ」はそんなことから、

天然物の価格の半分1000円を切ってくるかなあ

そうなって欲しいと願います。

(徐々に安くなると思うので最初は高いかな)

通販などで販売されれば、松茸人気がバカマツタケ人気に移って、

凄いブームになるかもしれませんね。

美味しい物が安く食べれれば、ニコニコです。

それにしても販売が楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました