お下がりの名前の消し方!カバンや服などキレイに落とす方法!

暮らし






子供が使っているおもちゃや服、
本は大きくなるにつれて使わなくなってきてしまいますね。

綺麗な状態だと捨てるのもなんだかもったいない、
誰かお下がりでもらってくれると
嬉しいなと思いますし、
売って少しでも
お金に換えるという方もいるでしょう。

そんな時に困ってしまうのが
なくならないようにと書いてしまった子供の名前。

お下がりでも売るにしても
名前は消したいなと思いますよね。

油性ペンで書く場合が多いかと思いますが
道具を使えば油性ペンの名前も落とすことができるんです。

今回は幼稚園のカバンの名前や
絵本に書いてある
お下がりの名前を消す方法を
紹介していきます。

 

 

幼稚園カバンも簡単⁉お下がりの名前の消し方!


せっかく買った幼稚園カバン。

使う年数によっては全く綺麗なまま、
小学生に上がって使うこともなくなってしまいますよね。

捨てるのはもったいないし、
割と高価なものなので
お下がりの名前を消して
また、使うようにするのがいいです。

カバンの表面に書いてある場合

布ならクレンジングオイルで
カバンも素材によっては対処法が違ってきます。

まずは表面が布のようになっていて
油性ペンが完全に染み込んでいるなという場合。

そんな時は染み込んでいる油性ペンを
浮かび上がらせることがポイントです。

油性ペンの原材料には
油が含まれているので
同じ油のものを使えば
インクを浮かび上がらせることができます。

油類ならなんでもいいのですが
クレンジングオイルの方が
お湯で落としやすいので
あるならクレンジングオイルを
使用してみるのがいいですね。

オイルを名前の消したい場所に
染み込ませたら
乾いた布を使って
塗った部分をポンポンと叩くようにすると
だんだん布にインクが吸い込まれていきます。

この作業を何回か繰り返すと
名前の部分が薄くなり、
ほとんど目立たないぐらいにまでなっていきます。

作業後に油のヌルヌルが気になる場合は
洗濯できそうなら洗濯機に入れて丸洗い、
難しい場合は手洗いをするか
その部分に洗剤をつけて同じように布で叩いて
洗剤を吸い取らせていくようにします。

 

お下がりの名前がカバンの表面に書いてある場合

お下がりの名前が
ビニールのカバンに書いてあるなら
その場合はオイルを馴染ませるでもよし、
消毒用アルコールを拭きつけてみるもよし、
油性ペンの成分が浮かび上がって
拭き取れば落とすことができます。

時間が経過をしていると頑固な
汚れになっているかもしれませんが
アルコールにしてもオイルにしても
何回か同じ作業を繰り返していくのがコツです。

 

その後を考えて使うならネームタグがオススメ

100円均一など「ネームタグ」があります。

これに名前を書きカバンにつければ、
名前を消す作業をすることなく、
お下がりとしてあげる時に
タグを外すだけで
簡単に譲ることができてしまいます。

私の場合はカバンに直接名前を書くのが
なんとなく嫌で
何気なくネームタグを使用していましたが、
いざ下の子に使わせる際に
苦労することがありませんでした。

タグなので服につけるわけにはいきませんが
カバンや巾着類には使用できるので
お下がりで名前の消し方を悩む場合がありそうな時は
ネームタグを使用してみて下さいね。

簡単です!

専門のショップに行くと
子供が大好きアンパンマンのネームタグも
買うことができますよ。

 

アイロンで接着するので簡単!
  ↓   ↓   ↓

 

思い出の絵本!誰かにあげたい!オイルや消しゴムで名前を消す!


絵本も子供が大きくなってしまうと
使わないものの1つですね。

お下がりでも古本で売るにしても
名前が気になるので
オイルや消しゴムを使用して消してしまいましょう。

 

表紙の部分がツルツルならオイルやアルコールで落とす

絵本に書いた名前も
カバン同様の方法で
消すことができます。

絵本なので多くの場合は
表面のツルツルした表紙に
名前が書いてあると思いますが、
ツルツルの表面なら
オイルや消毒用のアルコールで
浮かび上がらせることができます。

染み込ませると他のページを汚してしまいそうな時は
布にオイルやアルコールを
染み込ませて
拭くように落としてみるのがいいですね。

 

紙に書いてあるのは消しゴムである程度は落とせる

表紙がツルツルではなく紙であったり、
絵本の中の紙ページに名前を書いた場合、
少し落としづらくはなってしまいますが
消すにはプラスチック消しゴムを
使うのがオススメです。

消しゴムで普通に名前部分を消していくと
だんだんとインク部分が取れて
薄くなっていきます。

ただ力を入れるとページが破れてしまうので
軽く行うようにしていきましょう。

 

マスキングテープで隠してもかわいい

お下がりで名前を消す場合、
名前を無理に消そうとすると
逆に汚れてしまうこともあります。

そんな時はいっそのこと、
名前を隠してしまうのがオススメです。

マスキングテープやかわいいシールなどを使って
名前部分をかわいく隠してしまえば
名前はほとんど気になりません。

小さい子の場合は
キャラクターもののシールを貼ってあげると
逆に喜んでくれたりしますよ。

 

まとめ

子供のものは
ママの家計を助けるためにも
ぜひお下がりをしていくのがいいですね。

名前はクレンジングオイル、
消毒用アルコール、
紙なら消しゴムを使用すれば
薄くすることができます。

どうしても消えない時は
シールやワッペンで隠してしまうのもありなので
ママが良さそうと思える方法を
試してみて下さいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました