赤ちゃんのあせもは冬でも要注意!?あせも対策のいろいろな方法!

暮らし






赤ちゃんによく出来てしまうあせも。

夏の暑い時期に出来やすいのは

皆さんご存知かと思いますが、
冬の寒い時期にも
出来やすい事を知っていましたか?

冬は汗もかかないから大丈夫でしょ!
と思いがちですが、
実は、
冬も気を付けないと
夏と同じように
しっかりあせもが出来てしまいます。

筆者も、
冬は寒いしまさかあせもなんか
出来ないだろうなぁ~。
と思っていました。

しかし!大きな間違いなのです…

筆者の子どもも、
冬も夏と同じくらいあせもが出来たりして
冬も油断出来ないんだと
反省した事があります。

今回は、そんな寒い冬でもあせも対策を
しっかりした方がよい事を
ご紹介させて頂きますので、
ぜひご参考頂ければと思います。

 

 

冬なのに!?赤ちゃんにあせもが…首回りにひどくなる前に早めのケア

よく赤ちゃんは暑がりだと聞きますよね。

寒い冬でも、
赤ちゃんは汗をかいていて
少し驚いたりしたことありませんか?

また、
冬は寒いからと厚着させてしまい
余計に汗をかいてしまう状態にしてしまったり…
筆者は、まさにそのタイプでした。

冬はとっても寒いのだから、
赤ちゃんも寒いに決まっていると思い込み
自分よりも厚着させてしまって、
抱っこした時に
「あれ?まさか汗かいてる?」
という事も日常茶飯事でした。

子どもにとっては
えらい迷惑な話だったとは思いますが…

冬だと首が覆われている洋服を着せてしまう
お母さんも多いかと思います。

しかし、
これが首元に余計に汗をかかせてしまう事になり、
あせもを発生させてしまう原因かもしれません。

赤ちゃんって、ムチムチで可愛いですが
そのムチムチな部分の首元にシワが出来て、
首元に汗をかきやすくなります。

それにプラスして
首元が覆われている洋服を着せてしまうと、
余計に汗がたまってしまい
あせもが出来てしまうということになりがちです。

首元にあせもが出来てしまったら、
ひどくならないうちに
下記の対処をしてあげてみてください。

 

通気性のよい洋服を着せましょう。

上記でも触れましたが、赤ちゃんは暑がりなのです。
首元を覆われている洋服は汗を余計にかいてしまいがちなので
通気性のよい洋服を着せてあげて、
なるべく汗をかかないようにしてあげましょう。

 

首元をこまめに拭いてあげましょう。

首元は、ムチムチなので
蒸れやすく汗がたまりがちなので
こまめにタオルなどで拭いてあげてください。
汗がたまったままにしておくと、
あせもが出来やすい環境を
作っている事になります。

また、お風呂などで石鹸を使って
キレイに洗ってあげてください。
清潔な状態にしてあげる事が
あせもを治すには大事なことなのです。

③ 保湿をしっかりしてあげましょう。

保湿も大事な事なので、
ぜひお風呂上りに
しっかりしてあげてください。

その時にあわせて、
他に新しくあせもが出来ていないか
チェックしてあげると
早い段階で気付けるのでいいかもしれませんね。

上記の事をまずは試してみてください。
早い段階で見つかったあせもならば
お家でのケアで治っていくはずです。

筆者の子どもも
あせもはよく出来ていましたが、
軽いあせもは
お家でのケアをしっかりすることで
きれいに治ってくれていました。

ひどくなってしまうと、
病院にかけこみ薬をもらっていましたが…

やはり、
ひどくなってしまうと
お家でのケアだけで治す事は難しいので
治りが悪い場合や、
赤ちゃんの機嫌が悪いなど。
いつもと違うようであれば、
迷わず病院に連れて行ってあげてください。

長引かせてしまうと赤ちゃんにとってもつらいですからね。

 

どうする?赤ちゃんにあせもが…お腹にできたあせもを治す方法!!

赤ちゃんのあせもの出来やすい場所として
お腹も出来やすい
という事を知っていますか?

赤ちゃんにとってオムツはかかせませんよね。
オムツって実は服を一枚着ているぐらい暖かいのです。

こちらも首元と一緒でオムツをしている分蒸れやすく、
汗がたまりやすのであせもが出来やすかったり…

冬に厚着をさせてしまいがちですが、
大人の私たちが思っているより
赤ちゃんは寒くはなく、

むしろ私たちが
「少し肌寒いかな?」
と思うぐらいが赤ちゃんにとっては
過ごしやすい環境なのかもしれませんよね。

上記の事から、
オムツをこまめに交換してあげることも大事ですが、
洋服の調節も大事なことだという事が分かりますよね。

 

まとめ

いかがでしたか?

冬は、厚着させて暖房もかけたりするので
暑がりの赤ちゃんにとっては
もしかすると
夏場よりも汗をかく環境に
なってしまうかもしれません。
あせもは赤ちゃんにとってよくあることです。

早い段階での発見であれば、
今回ご紹介させて頂いた
お家でのケアで治りますので、
毎日お風呂などで
あせもが出来ていないか
チェックしてあげることも
大事かと思います。

筆者は、毎日お風呂上りに
保湿クリームを塗りながら
あせもや体に変化がないか
チェックをしていました。
筆者は、
この時間が楽しかったりしました。

あせもがひどくなってしまうと、
病院へ受診をした方が
赤ちゃんにとってもいいと思います。

ぜひ、予防をしっかりして
あせが出来てしまうのを
防いであげるの大事ですが
もし出来てしまっても
ケアをしっかりしてあげて、
赤ちゃんが冬場も
快適にすごせるようにしたいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました