赤ちゃんのあせもが治らない時、ドラッグストアの物で治した方法!

暮らし






あせもを見つけた瞬間…。

またか~。
どうしたら
あせもが出来なくなるのかなぁ~。

そんな風に頭を悩ませている方
多いのではないでしょうか。
筆者の子どもも
汗っかきなので
よくあせもに悩まされました。

また、
筆者がすぐに洋服を厚着にしてしまい、
汗を沢山かかせてしまった結果、
またあせもができてしまった…
ということもあり、
どうしたらいいのかなぁ~。
と何度も思いました。

今回は、
そんなあせもについて
筆者の対処法を紹介したいと思います。

 

 

赤ちゃんのあせもがひどい時はワセリンと〇〇

あせもが出来てしまっても
慌てなくて大丈夫です。

早い段階で見つけてあげられたら、
お家でのケアで治るはずです。

お家では基本的な事ですが
汗をかいたら
こまめに拭いて
さっぱりしてあげるか
お着替えをしてあげてください。

清潔を保ってあげる事が、
あせもを治すのに
大事なことの一つです。

そして、
あせもを防ぐという意味でも
オススメしたいものがあります。

それは「ワセリン」です。
ワセリンを知っていますか?

ワセリンは、
お肌を保護するのと同時に
外からの刺激も
防いでくれる優れものです。

幅広い場所に使えますし、
口元や顔にも塗る事が出来るので
赤ちゃんが舐めたとしても
問題ありません。

毎日使えるし、
使える範囲も広いので
すでに使っているというご家庭も
多いのではないでしょうか。

ただ、注意したいことがあります。

それは、
ワセリンはお肌の保護や
外からの刺激を防ぐ目的で
使われるのであって
湿疹やあせもを治す効果は
ないという事です。

あせもを防ぐために
大事なことの一つは保湿なのです。
新しくあせもを作らないためにも、
薬局で手軽に購入出来ますので、
一度ワセリンを使ってみる事を
オススメします。

次に
ワセリンの使い方について
ご紹介させて頂きます。

ワセリンの使い方は、
とっても簡単で
お風呂上りなどの
清潔な状態の時に
塗ってあげるのが
いいかと思います。

筆者の子どもは、
よく乾燥しがちだったので
お風呂あがりに
毎日ワセリンを塗っていました。
ついでに自身にも塗ったりして
親子でお世話になっていましたよ。

ワセリンは、
手で塗ってあげていいのですが、
気を付けてほしいことは
強い力でゴシゴシ擦るように塗ってしまうと
赤ちゃんにとっては
刺激になってしまいますので
優しく塗ってあげてくださいね。

筆者自身がワセリンを
小さい頃から使っており、
ワセリンの良さを知っているので
自身の子どもにも使用したりして、
家族で愛用していたりします。

ただ、ワセリンに限らずですが
どんなにいい薬だよ!
とオススメされて使ってみても
もしかしたら合わない方がいるかもしれません。

大人でも赤ちゃんでも、
一人一人違うので
実際使ってみて
あせもが悪化しているような事があれば
様子を見て病院に連れて行ってあげてください。

 

赤ちゃんのあせもの原因から治し方まで!

あせもが出来る原因ってなんでしょうか?

あせもとは、
汗を沢山かいてしまうと、
汗の出口と言われる汗孔(かんこう)が
塞がれてしまいます。

そして皮膚の表面などに
汗がたまってしまい、
小さな発疹が出来てしまう。

これがあせもが出来る原因なのです。

あせもの治し方は
基本的にはシンプルです。

上記でも少し触れてはいますが、もう少し詳しく紹介しますね。

① 清潔を保ってあげましょう

長時間汗をかいたままの状態で
放置するのはやめてください。

沢山汗をかいているのが分かったら
タオルで拭いてあげるとか
お着替えをして
さっぱりするようにしてください。

汗をかいたままの状態が続くと
あせもが出来る環境を
簡単に作りだしてしまいます。

また、お風呂では
石鹸を使って優しく洗ってあげてくださいね。

筆者は、
子どもはあせもの部分が
かゆいだろうと思って、
お湯をかけるだけにしていたのですが
石鹸を使ってキレイに洗ってあげる事が
一番だと聞いてからは
自分の勝手な思い込みはダメだなぁ~。
と反省した事があります。

あせもを治すためにも、
石鹸を使って
優しく洗ってあげてくださいね。

 

② 薬を塗ってあげましょう。

どれだけ気をつけていても、
汗はかくし
清潔を保っていても、
あせもが悪化してしまうこともあるでしょう。

そんな時は、
赤ちゃんにも安心して使える
お肌に優しいあせもの薬が
薬局でも手軽に購入することが出来ます。

一度そちらを使ってみるのもいいと思います。

出来てしまったあせもには、
上記の事をしてあげるだけで
あせもの改善に繋がるはずです。

 

まとめ

いかがでしたか?
あせもは、
赤ちゃんにはよくあることかもしれません。

だからと言って、
そのまま放置してしまうと
悪化して皮膚のトラブルになってしまいます。

赤ちゃんは、
自分の思っている事を泣くことでしか
大人に表現する事が出来ません。

もし、
悪化してかゆくても泣くことしか出来ないのです。
大人からしたらそれって辛すぎますよね~。

そうならない為にも
しっかり、
予防をしっかりしてあげること。

あせもが出来ても、
清潔を保ち、
薬を塗ってあげたりして
出来るだけ早く
よい状態になるようにしてあげてください。

また、
今回ご紹介した「ワセリン」がお子さんに合えば、
幅広い範囲で使えるので本当に便利ですよ。

筆者の家族も使っているので、
ぜひオススメしたいです。

個人差もあると思うので
もしかしたら
合わない子もいるかもしれません。

ぜひ、お子さんの様子を見ながら
使ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました