はさみのベタベタをとる方法は身近の物でOK!最新ハサミはスゴイ!

暮らし






ガムテープなどのテープ類を
はさみで切っていると
いつのまにか刃の部分が
ベタベタに…

その刃で他のものを切ろうと思ったら、
紙や布がくっついてしまって
イライラ…

なんて事態、
ありますよね。

私も何度かそんな事態になってしまい、
できればはさみでテープ類を
カットしたくないな~
と思っていますが
カットしないわけにもいかず…

泣く泣くはさみをベタベタにして
買い直したりしていました。

でもそんなのはもったいない!

はさみのベタベタは
身近にあるアイテムを使えば
新品同様に綺麗にできるんです!

最初からベタベタを防止できる
素晴らしいはさみもあるので、
テープ類をカットする機会が多い方は
便利なはさみを購入するのも
いいですよね。

ベタベタを取るか方法で使っていくか、
元からベタつかないはさみを使うかを
検討してみて下さいね。

ベタベタ除去の方法とベタつかない
オススメはさみを紹介していきます。

 

はさみのベタベタを取る方法4選!

はさみのベタベタは
油分を多く含むクリーム、
アルコール分を含むスプレーや
ウェットティッシュを使えば
ベタベタを除去することができるんです。

また除光液や消しゴムでも
落とすことができるので
お金のかからない身近なアイテムを
使うのがオススメです。

 

ハンドクリームや日焼け止めクリームで落とそう

ハンドクリームに日焼け止めクリームは
どちらも油分を含むクリームですね。

またクレンジングオイルも
油分を十分に含んでいますが
後々のヌルヌルを考えると
クリーム類を使った方が拭き取りが簡単です。

やり方も簡単で
ベタベタしたはさみの面に
クリームを塗り込み、
乾いたティッシュや布で
拭き取るだけです。

拭き取る際は
刃にそって拭き取ると怪我をする危険性があるので、
切れない部分の
真ん中から
切れる部分の刃に向かって
細かく動かして拭き取るようにします。

1度で落ちない時は
何度か繰り返し行ってみるといいですね。

コスト的には
日焼け止めを使うよりは
ハンドクリームの方が
100円均一でも手に入るものなので
いいかな~と思います。

 

アルコールで拭き取ろう、ウェットティッシュも可

アルコール成分は
テープ類の粘着を溶かす効果があります。

つまり、ベタベタがとれます!

キッチン用の
アルコールスプレーでも
ウェットティッシュに含まれる
アルコール分でも
どちらでもOKです。

やり方は
アルコールスプレーなら
布などに吹き付け、
ベタベタ部分が広がらないように
拭き取るのがコツ。

刃の部分を
怪我のないように注意しながら
小刻みに拭くようにするといいですね。

ウェットティッシュも
同様の手順でやれば
ベタベタはさみを綺麗に
することができます。

 

除光液で落とそう

除光液にもアルコール同様、溶かす効果があります。

ティッシュや布に
除光液を浸し、
やはり怪我がないように注意することと
ベタベタが広がらないように
小刻みに拭いていくのがコツになります。

ちょっと
難点なのがアルコールに比べると
除光液のきつい臭いが
残ってしまうことです。

時間が経てば落ち着きますが
臭いに敏感な方は
アルコールの方をオススメします。

でも除光液は
100円均一で売られている
お手軽な品物です。

プラスチック消しゴムを使おう

ベタベタを除去するアイテムの中でも
1番単価が安いのではないでしょうか?

100円均一でも
何個かセットで販売されていますね。

私的にオススメなのが
定番のMONOのプラスチック消しゴムです。

なぜなら
他の消しゴムに比べると
消しカスがまとまりやすいから…

それが理由になりますが
消しカスがまとまってくれると、
はさみに付着した粘着部分も
丸めこんでくれるんですね。

簡単なベタベタなら
これで簡単に落とせてしまいますので、
テープ類をカットするたびに
お手入れのつもりで
消しゴムを使ってみるのもオススメします。

 

 

ベタベタが付かない特殊なハサミ3選!

ベタベタが付かない
便利なハサミがあるのです!

ベタベタが付かないハサミを使えば
ベタベタを除去する手間も省けるし、
ベタベタでイラつくこともないですね。

そんなものだと値段が高いかと思いきや…

意外と安いので
この便利さを知った人は
仕事用と家庭用で
購入したりしていますよ。

今回は楽天市場から上位人気を
誇る3点を紹介です。

 

ネバノン 洋はさみ

名前からしてネバネバしなさそうな名前ですね。

全体的にブラックで統一されているので
オシャレ感があります。

購入した方のレビューには
何年使っても変わらない切れ味と、
評価は高め。

長さが170ミリと135ミリがあります。

布を切ったりする方には
170ミリの大きめ。

それ以外の方は
135ミリのはさみを
購入するのがオススメです。

値段は他の物に比べると
高めではありますが
2000円前後で
購入することができます。

 

 

日本製バンジーストラップ付きフッ素加工ハサミ

落下防止用のバネ付きのストラップ付き。

医療雑貨として
主に看護や介護の現場で使われています。

看護だと特に傷を保護する
テープ類をカットする機会が多いので
すぐにはさみも
ベタベタになってしまいます。

でもこのはさみは
ステンレス加工でべたつき防止。

さらに刃の下にも
プラスチックのガードがついていますし、
刃がカーブもしているので
突き刺してしまうリスクも軽減できます。

カラーバリエーションも豊富なのが嬉しいところ。

値段も1000円
前後とお手頃です。

 

 

PLUS フィットカットカーブ プレミアムチタン

過去の日経トレンディ雑誌でも
ヒット商品ベスト30のうちの5に
選ばれた実力あるはさみです。

チタン加工でサビも汚れも防止でき、
べたつきも防止できます。

チタン加工なのにお値段は
1000円前後…

こちらもお手頃ですね。

自宅と仕事で1本ずつ購入し、
使っているという方もいます。

 

 

まとめ

はさみのベタベタは
放置すると切れ味も悪くなってくるので
身近にあるもので綺麗に除去していき、
はさみを大事に使っていきたいですね。

油分を含むクリーム類、
アルコール分を含むスプレーやティッシュ。

除光液に消しゴムが
ベタベタ除去に使えるアイテムです。

はさみやテープを使う機会が多い方は
除去の手間を省くことも考え、
べたつかないハサミの使用がオススメです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました