生き物になれる展が子供だけでなく大人のインスタ映えにいい

ニュース






2017年12月4日朝の情報番組ZIP!で「生き物になれる展」が
紹介されました。

新しい形態の展覧会 「生き物になれる展」

日本科学未来館で来年4月8日まで開催しています。

その生き物の動きを体験する展覧会

体験する展覧会はいままでない展覧会ですね。

ペンギン

ペンギンの着ぐるみを着て体験!
ペンギンは短い足でヨチヨチ歩き
これは大変で遅いのですが、
おなかを使ってすーっと滑るとこれが意外と楽で速い!
そんなところを体験するペンギンコーナー
すーすーお腹で滑って楽しい
なのですが、
滑って進んだ先には‥‥
サメが口を大きく開けていてゴックン!
ゴールがサメの口の中なんて、
自然界の怖さも表現されているようですね。

 

ダンゴムシ

ダンゴムシのこうらを背中に背負いダンゴムシ体験。
くるんと丸まって硬い甲羅で外敵から身を守る
ダンゴムシの体験が子供には楽しそうです。

 

バジリスク

バジリスクという南アメリカの南部にすむトカゲは
水の上を走ることが出来る珍しいトカゲ。
そんなバジリスクの水上の歩行感覚を味わえるような仕組みが水の上にあり、
子供も大人も楽しそうに水の上を走っている感覚を楽しんでいる。

着ぐるみ

いろんな動物の着ぐるみ、かぶりものがあるようで、
これを使ってちょっと変わった写真を撮ることが出来るので、
おもしろいインスタ映えが撮れそうですね。

場所

日本科学未来館
住所:東京都江東区青海2-3-6
2018年4月8日まで開催
料金:大人(19歳以上)1900円
シニア(65歳以上)1700円
中人 (小学生~18歳以下)1300円
小人 (4歳以上~小学生未満)1000円

最後に

今までにない形の体験型展覧会なので、料金が高めなのも仕方ないが、出来れば公式サイトの混雑状況を参考に空いている曜日、時間を狙ってよりスムーズに楽しめるようにしたほうが、

よさそうです。また、近くにはお台場があるので合わせて遊ぶ計画がよいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました