【PR】

ガロンをリットル換算!国による違いを理解しよう

暮らし
スポンサーリンク






私たちの日常にも見られるガロンですが、
これは実際に何リットルなのか気になるところですね。

ここでは、
ガロンの基礎知識とその使われ方を見てみましょう。

スポンサーリンク

ガロンは体積の単位

ガロンはラテン語で容器を意味する「gallēta」が語源の計量単位で、
特にイギリスやアメリカで使用されるヤード・ポンド法の
体積計測でよく見る単位です。

様々な液体の量を示すのに役立っています。

“体積”は物や液体がどれくらいの空間を占めるかを表し、
これは”容積”や”容量”としても用いられることがあります。

国別のガロンの違い

ガロンの量はイギリスとアメリカでは異なり、
アメリカ内でも液体を測る「液量ガロン」と
乾物を測る「乾量ガロン」では
数値が異なります。

この点について、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

イギリスのガロン

イギリスでは複数のガロンの定義がありましたが、
1963年に水10ポンドを1ガロンと定義し直し、
約4.546リットルとされています。

 

アメリカのガロン

イギリスだけでなくアメリカにも
複数のガロンが存在しており、
「米乾量ガロン」は約4.404リットル、
「米液量ガロン」は約3.785リットルに相当します。

特に後者は今も多く使われています。

 

日本におけるガロン

様々な商品の量を表すのに使われるガロンですが、
国によって異なる量が定義されている為、
少し混乱することがあります。

日本では、
主にアメリカの「米液量ガロン」が使われています。

これは
アメリカのスーパーマーケットで見かけるジュースや
牛乳のボトルなどにも相当し、
1ガロン約3.785リットルと覚えておくと便利です。

 

スポンサードリンク






暮らし
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日々の出来事部屋をフォローする
スポンサーリンク
日々の出来事部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました