エアコンの送風が扇風機の代わりになる驚きの効果!

暮らし






エアコンの冷えすぎや電気代にとても効く、
送風モードをちゃんと使えていますか?

エアコンの設定温度高めでも
寒く感じて長袖を着ている方に
オススメです。

エアコンの送風は電気代も節約でき、
冷房よりも寒くなることを防げます。

エアコンの送風を使い、
扇風機みたいな使い方でできる
節約を紹介します。

 

 

エアコンの使い初めに送風機能!賢く使って節約!


エアコンの使用は電気代がかかる、
と思っていますよね!?

でもエアコンの使用は
冷房時は空気を冷やす時、
暖房時は空気を温める時に
電気代が一番かかっているんです。

送風は自然の風、
電気代はほとんどかからない
良心的な機能なんですね。

 

冷暖房を使った瞬間は電気代がかかる?

エアコンを使う時の環境は
夏の場合、
部屋に入った瞬間に「暑い!」と
思った時ですよね。

そんな時に冷房を入れると
涼しい風が流れてくる一方、
外の室外機やルーバーからの風量は
ものすごいことになっていると思います。

そう、全開運転でですよね。

 

この時はものすごいエアコンが
フル稼働をしているので
電気代がかかっています。

それを避けるためには
まずはちょっと暑いのを我慢して、
送風を使ってから
冷房をつけるのが節約になるんです。

 

冷暖房を使う前にまず送風!その効果は?

室内が暑いかと思いますが
まずは暑い空気を外に追い出してから
冷房を使うようにすると、
エアコンのフル稼働を避けることができます。

室内が暑い状態でエアコンをつけるより、
少し涼しくなってからの方が
効率良いというわけですね。

 

送風を使うと
扇風機のような自然の風で
室内の暑い空気を循環してくれます。

部屋の窓を開けて送風運転をし、
暑い空気を外に排出するのがいいです。

 

エアコンの除湿は寒い⁉夏のエアコンのお得な使い方‼


除湿運転をしていると
「寒い」と思う方、
特に冷え性な女性は
多いのではないでしょうか。

私もすぐに寒くなってしまい、
「除湿もしたいけど寒い…除湿は調整が難しいな」と
思うことがあります。

そんな時にも送風運転が
効果を発揮してくれますよ。

 

除湿で寒い場合は送風を活用しよう

除湿である程度室内の湿気を排出し、
部屋の空気を冷やすことができたら
送風運転に切り替えるのがオススメです。

部屋が冷えている状態なので
送風をしているだけでも
室内の涼しさを保ってくれます。

また風を循環させているので
湿気対策にもなるのです。

送風の風でも
「寒いな」と感じる場合は
微風や自然風など
風量がないもので回しておき、
直接風が当たらないように
ルーバーを調整するのもいいです。

 

エアコン+扇風機が理想的?

電気代を節約させるには
エアコンと扇風機の活用が
良いと言われていますね。

ただエアコン1台だけでは
冷房と送風の同時使用ができないので
扇風機単体、
もしくは
エアコンがもう1台必要になってしまいます。

設定温度高めの冷房と
扇風機の組み合わせは
とても効率的です。

私も夏は
冷房+扇風機をしていますが
28度ぐらいの温度でも
本当に涼しくいられます。

人間は風を感じると
涼しいと感じるようになっているので
風を浴びさせてくれるものが
一番涼しさを与えてくれるということです。

28度設定の冷房だけだと
私としては
やはり暑いかなと思ってしまいます。

 

最新型エアコンほど電気代がかからない

エアコンは年々進化をしています。

実は多くの電化製品の特徴として
毎年発売されている最新型のエアコンほど
電気代がかからないと言われているのです。

 

私の場合は冷蔵庫ですが
10年落ちのものと最新のものを調べた結果、
年間の電気代が5、6万は変わってきます。

 

確かに今使用しているものは
冷やす時にものすごい音を立てていて
フル稼働をしているなと思う時があります。

電化製品は壊れてから
次のものに切り替える場合が多いと思いますが、
電気代を考えると10年以内に買い替えを
するのが経済的といえます。

 

実はつけたままの方がいい

エアコンは冷暖房共につけた瞬間が
一番電気代がかかっていると言われています。

冷房の場合は
部屋が冷えてくると
後は緩やかに動いてくれますよね。

実はその状態を維持するのが
電気代を節約する上でも
ベストだということです。

 

エアコンは切ってしまうと
すぐに室内温度が上昇し、
次につけた際にまたフル稼働と
いうことになってしまいます。

節約したいという思いで
こまめに消したり、
つけたりするのは
フル稼働の繰り返し。

電気代がかかってしまうことになるので、
1日中家に戻らないという事でなければ、
つけっぱなしにした方がお得なのです。

 

設定温度は夏なら28度前後、
冬なら20度前後が
節約できる温度となっています。

新しいエアコンだと
リモコンの画面を見た時、
温度を調節すると
ニコニコ笑ったマークが
出てくるものがあるので、
それが出たら節約温度だなと
思っていいですね。

 

まとめ

エアコンの送風は寒がりな方のためにも
オススメの機能です。

冷房つけたままで寒い場合は
冷房のあとに送風に切り替え、
涼しさをキープして下さいね。

電気代の節約にも繋がります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました