うなぎ料理の付け合わせにピッタリ!!おいしい漬物!

暮らし






暑い夏がやってくると同時に、
よく目や耳にする言葉がありますよね!?

それは「土用の丑の日」です。

この言葉を聞くとなぜか、
「うなぎが食べたい!」
「うなぎ食べなきゃ!」
と思っちゃいますよね。

 

土用の丑の日が近づくと
「どのうなぎ屋さんでお弁当頼もうかな~」
とか、
土用の丑の日が土日だったら、
「何処のうなぎ屋さんに食べに行こうかな~」
と子どもみたいに
ワクワクしたりしますよね!?

そのときのうなぎに合う付け合せを
ご紹介させて頂こうと思いますので
ご参考にしてみてください。

うなぎ料理の付け合わせにピッタリの漬物

 

うなぎに合う付け合せといえば、
「漬物」ですよね。
やはりシンプルなものが良い感じです。

やはり、
メインが「うなぎ」なので
漬物はお口をサッパリさせるだけ
という意味で考えると
漬物はそこまでこだわらなくても
いいような気がします。

私が知っている限りで、
うなぎ屋さんで一番多いのは、
たくわん」です。

奈良漬がついてくる所もあります。
やはり地域やお店によっても
それぞれですよね。

私だけかもしれませんが、
うなぎを食べて
最後に漬物を食べるのが
当たり前になっています。

漬物がなければなんだか
締まらない寂しい気がします。

終わり良ければ総て良し!
です。

 

ちなみに、
良く出てくるお漬物ベスト!

1位 たくわん
2位 きゅうりの漬物
3位 白菜の漬物
4位 奈良漬

 

 

うなぎ料理にはコレ!オススメ付け合わせ!

うなぎ料理では、
うなぎの蒲焼きも美味しいですが、
うなぎの白焼きも美味しいですよね。

美味しいうなぎが
夏バテ防止に効果的なのを
知っていますか?

夏バテの原因の一つとしてあげられるのは、
実は「栄養不足」なのです!

 

夏になると、
殺人的な暑さになって
少し動いただけで、
汗をたくさんかく状態に
なってしまいがちです。

汗をかくことで、
汗と一緒にミネラルが
出てしまいます。

そして、
暑くて食欲も無く、
ジュースや冷たいアイスを
食事変わりにしてしまったり…。

そんな生活を続けてしまうと、
当たり前だけど、
栄養が偏ってしまい
夏バテになってしまいます。

 

もし、
夏バテの原因の一つが
栄養不足が上げられるのであれば
バランスよく栄養を取ればいい
という事になりますよね。
そんな時にオススメなのが
栄養満点の「うなぎ」なのです。

 

うなぎには、
汗をかくことで失われてしまう
ミネラルやビタミンなど
他にもたくさんの栄養素が
含まれています。

うなぎが苦手な方にはオススメ出来ませんが、
うなぎが好きな方はぜひ
「土用の丑の日」だけでも
うなぎを食べる習慣をつけてみては
いかがでしょうか?

 

うなぎには
「うなぎの蒲焼き」
「うなぎの白焼き」の
食べ方がありますよね。

この二つを簡単に説明すると、

うなぎの蒲焼き・・・
白焼きにタレを付けて焼いたうなぎのこと。

うなぎの白焼き・・・
タレをつけず、素焼きにして
うなぎそのままを味わうこと。

一言で言ってしまうと、
こってりなのか
こってりじゃないのかだと思います。

子どもには、
うなぎの蒲焼きが人気ですが、
こってりの「たれ」が好きではない人は、
白焼きの方がオススメです。

香ばしい、
上品なうなぎ本来の風味が
味わう事が出来ます。

そんなうなぎの白焼きですが、
食べる時って何をつけて食べますか?

白焼きにつけて食べるものを
少し上げてみます。

  1. わさび醤油
  2. しょうが醤油
  3. ポン酢

何をつけても美味しいのですが、
うなぎの旨みをシンプルに引き立たせるには
「塩」がオススメです。

そして、
うなぎ料理と一緒に食べると
合う付け合せをご紹介します。

 うなぎ料理にお吸い物、みそ汁

うなぎの蒲焼きには、
お吸い物がオススメですが
白焼きの場合は、お吸い物、みそ汁
どちらでも合うと思うので
その日の気分やお好みで
決めてもいいと思います。

 

うなぎ料理にだし巻き卵

だし巻き卵はオススメです。

土用の丑の日なら、う巻きもいいですよね。
うなぎを卵でくるんと巻いて焼いたもの。

う巻きが大好きでよく食べますが
こちらもオススメです。

 

うなぎ料理に豆腐

夏ならば、サッパリ豆腐もいいですよね。

うなぎをじゃませず、
すっきりの味わいの豆腐は
どんな料理にも合うものです。

うなぎ料理にサラダ

大根、タマネギ、キュウリなどの
歯ごたえがある生野菜サラダの
付け合わせたサラダはいいですね。

 

うなぎ料理に漬物

上記でも上げていますが、
うなぎの最後に食べるのに
ベストですよね。

 

うなぎ料理に茶碗蒸し

和のもののうなぎと、
和の茶わん蒸し。

ちょっとした、
御膳料理でもある組み合せなので、
うなぎと合うのは当然ですよね。

他にも、
オススメの付け合わせがあるとは思いますが
今回ご紹介させて頂いたものも
ぜひ一度うなぎのお供にしてみてくださいね!

 

まとめ

うなぎってお値段も高いし、
普段の食事には中々出ませんよね。

「土用の丑の日」など
イベントの時とかしか食べなかったりします。

夏バテ防止にも効果的なうなぎ!
イベントの時だけでもうなぎを食べて
栄養をつけてみてはどうでしょうか?

うなぎを食べる時には
今回ご紹介した付け合わせを参考に
うなぎを引き立てて、
食べてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました