住民票のもらい方は簡単!意外な場所でもらう方法!?

暮らし






住民票って何かと使う機会が多い書類ですよね。

身分証明にもなる
大事な個人情報であるだけあり、
もらうのも申請書を書いたりと
何かと手間がかかるものです…

でも
使う機会が多いので
こまめに申請しに行ったりするのはとても面倒。

「役所以外でもらえる方法はないかな?」、
「コンビニでもらえるって本当?」
と住民票を簡単にもらう方法ついて
お答えしていきます。

 

 

住民票のもらい方、コンビニで取得!?メリットとデメリット!

住民票が身近なコンビニで
ゲットできたらとても簡単便利ですよね!

実はゲットできるんです。

住民票のもらい方は
コンビニに設置されているキヨスク端末を使います。
(コピーやファックスができるあの機械のことです)

今やコンビニは
なんでもできる時代ですね。

コンビニで住民票を手に入れるには
実はマイナンバーカードが必要になるので、
いきなり行ってももらえません。

こまめに住民票を使う方は
マイナンバーカードを
手に入れておくといいですよ。

コンビニを利用するメリットと
デメリットを紹介します。

 

コンビニなら、いつでも好きな時間に取りに行ける

一部のコンビニでは24時間営業はしていませんが
ほとんどのコンビニは
深夜までの営業をしていますよね。

役所でもらうには
夕方までの制限がありますが
コンビニでは
仕事が終わってからでも
住民票をもらうことができます。

役所だと待ち時間が発生することも多いので
時間の節約にも繋がりますね。

 

コンビニなら、手数料が安くなる時がある

住民票をもらうには
200円前後の手数料をかかるものです。

料金は
自治体やもらう方法によって
変わることもあり、
コンビニで受け取る場合は
100円ほど安くなることもあります。

たとえ100円でも安くなるのは嬉しいですよね。

コンビニならペットボトルのお茶が買えてしまいます。

 

申請書を書かないで済む

役所で住民票をもらう時は
いつも申請書という書類を
記入していますね。

コンビニでもらう場合は
その記入がないので
記入する手間を省くことができます。

その代わり、
マイナンバーカードが必要になるので
毎回持参をすることと、
マイナンバーカードの交付を
受けておく必要があります。

 

デメリット…マイナンバーカードの登録が必要

住民票を簡単にもらうために
コンビニで取得するためには
マイナンバーカードが必要です。

マイナンバーカードをもらうには
そのための申請をしなければなりません。

マイナンバーカードの申請は
申請書を送ってから
1~2週間程度はかかるものなので
必要な時に備えて
早めに申請をしておくといいですね。

 

住民票のもらい方は簡単!役所以外での住民票の取り方!

役所で住民票をもらうためには
役所の空いている時間帯を狙って、
朝一番で行ったりしますよね。

それでも
よくわからない申請書を書いたり
役所で待たされる時間があったりで
結構手間、時間がかかりますね。

そんな役所以外に
簡単にもらう方法は
「郵送」

「自動交付機」
を使う方法があります。

 

住民票を郵送で自宅まで届けてもらえる

取りに行かなければならない住民票が
自宅まで届けられたら便利ですね。

ただこれには少し別の手間がかかりますので
その条件を満たす必要があります。

まず役所のホームページにアクセス!

1.住民票請求の指定の申請書をダウンロードして
  記入をします。
  書き方も載っているので、参考に記入します。

2.申請に必要な手数料を
  定額小為替で用意します。
  (郵便局で購入できます)
  ホームページに手数料の金額は書いてあります。

3.身分証明をするために
  運転免許証や保険証など、
  身分証明書のコピーを用意します。

4.住民票を送ってもらう返信用の封筒を用意します。
  その返信用封筒には切手を貼っておく必要があります。

そして
上記の申請書、定額小為替、身分証明書のコピー、返信用封筒を
郵送すれば、
1週間程度で住民票を取得することができます。

他の方法に比べると
郵送の切手代や
返信用の切手代で
コストは微妙にかかることになりますが、
役所に行く時間や
待つ時間はないので、
どうしても行けない場合は
便利です。

特に遠い場合は交通費もかかりますので、
郵送の方がメリットがあります。

 

住民票を自動交付機でもらえる

駅前や人通りが多い場所には
自動交付機と呼ばれる
ATMのような機械が
設置されていることがあります。

その機械を使えば
コンビニでの受け取りと同じで
申請書も必要なく、
その場で住民票を取得することができます。

ただ自動交付機を使うためには
登録カードをもらっておく必要があるので、
これもあらかじめ
申請をしておかなくてはなりません。

 

まとめ

使う機会の多い住民票は
時間と手間の節約のため、
手軽に取得できる方法を
心得ておきたいですね。

身近なコンビニで
キヨスク端末を使って
取得するためには
「マイナンバーカード」
が必要になります。

カードの交付は少し時間がかかるので
前もって申請をしておくといいでしょう。

そして役所以外では
「郵送で送ってもらう方法」

「自動交付機」
を利用する方法があります。

一番手軽なのは
マイナンバーカードを申請して
コンビニで取得するのが楽だと思います。

とにかく自分に合った方法で
利用していくのがいいですね。

 

私は住民票を1度手に入れたら
「また使う機会があるかもしれない」と思い、
コピーを取るようにしています。

でも一応
有効期限的なものがあるので
次に使う機会には
使えなかったりすることもありますが…

コンビニでゲットできたり、
役所に行かなくても手に入れられる方法で
コピーもいらなくなるかもしれないですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました