黄ばみのTシャツを白くする方法、ダメージ少なく落とす方法!

暮らし






暑い時期になると活躍する機会が多い白いTシャツ。

真っ白なTシャツを着ていると気持ちが良いし、
周りから見ていても
「真っ白で綺麗だなぁ、清潔感あるなぁ」
と感じますよね。

でもそんなTシャツが黄ばんでいたら…
見ている人を不快にさせてしまいます。

不潔な印象も与えるので
イメージダウンに繋がりかねません。

Tシャツが黄ばむ原因は自分が着用し、
自分が出している皮脂が原因なんです。

そんな皮脂を綺麗に洗い流すことが
黄ばんだシャツを真っ白にするポイント。

というわけで
Tシャツを白くするため、
漂白剤や煮洗いを駆使した方法を紹介していきます!

 

黄ばみのTシャツを白くする方法、漂白剤を駆使する


黄ばんでしまったTシャツを綺麗にする時に使うなら、
やはり漂白剤が手軽。

酸素系漂白剤と呼ばれる洗剤を使って
黄ばみとはオサラバしていきたいですね。

 

酸素系漂白剤を使用して浸け置きすれば真っ白!

Tシャツを綺麗にする材料として、
まずは50度ほどのお湯を用意します。

お湯の量は
浸け置きしたいシャツの量によって
変えてOKですが
目安量は1リットルのお湯に対して
洗剤は粉末の洗剤と酸素系漂白剤を
小さじ1ずつ、
使用をしていきます。

この時
どちらも粉末のものを使用しますが
なぜ粉末なのか…
それはTシャツに馴染みやすいからです。

特に酸素系漂白剤は粉末の方が
液体より漂白力が高くて除菌力も高くて、
黄ばみ落としには最適なんです。

そんなお湯と洗剤を用意して混ぜ合わせたら…
30分ほど浸け置き。

その後普通に洗濯機で洗濯をすれば
黄ばんだTシャツは見違える
白さに変化をしていることが期待できます。

 

酸素系漂白剤は過炭酸ナトリウムと呼ばれるもの

酸素系漂白剤と聞くと、
あまり馴染みのない言葉ですよね。

私も初めて聞いた時は
「なんの洗剤?」
と思いましたが
よく見聞きしているはずの
ワイドハイターとかのことなんです。

ワイドハイターEXパワーや
オキシクリーンやシャボン玉の過炭酸ナトリウムなど。

これらは
黄ばみ落としに最適な
弱アルカリ性の性質を持つ成分のことを指しています。

黄ばみは皮脂が酸化してしまった酸性の汚れが原因なので
反対性質であるアルカリ性で分解をすることができるというわけです。

 

黄ばみの原因は皮脂の長期放置による酸化…予防できる?

保管していたTシャツをいざ着ようと思ったら
黄ばみがぎっしり。

それを見たら
これは自分の皮脂が原因なんだな~と思って下さい。

皮脂汚れはいわゆる油汚れ。

油ってサラダ油もそうですが
付着するとなかなか落ちないですよね。

水を使っていると特にそうで
頑固な皮脂汚れも洗濯をしていても落ちないことがあるんです。

そのままタンスの奥にしまい込んだら
時間の経過もあって皮脂は酸化…
Tシャツが染まってしまうというわけです。

それを防止するには
しまい込む前にしっかりと皮脂汚れを落とすのがポイント。

上記で紹介した酸素系漂白剤による浸け置き、
この後紹介する煮洗いを利用して
普通の洗濯では落ちない汚れを
綺麗サッパリ落としてからしまうのがいいですね。

 

オススメ酸素系漂白剤3選はスーパーでも通販でも買える

酸素系漂白剤も色々な種類がありますが
中でもネット検索で
名前がよく上がる種類は3つあります。

*シャボン玉 過炭酸ナトリウム

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

酸素系漂白剤 750g《シャボン玉石けん》(過炭酸ナトリウム)
価格:486円(税込、送料別) (2019/6/3時点)

楽天で購入

 

*オキシクリーン

 

*ワイドハイター EXパワー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花王 漂白剤 ワイドハイターEXパワー大 本体 1000ml
価格:464円(税込、送料別) (2019/6/3時点)

楽天で購入

 

値段は通販サイト楽天市場での一部店舗のものですが
値段的にはこのような感じになります。

粉末なのでまとめ買いをすると
ちょっと荷物運びが大変ですので、
たくさん買う場合は
通販を利用するといいですよ。

 

 

黄ばんだ汗ジミは煮洗いがいい


煮洗いとは
鍋を使ってTシャツをコトコト煮込んで皮脂を分解し、
黄ばみを綺麗にしてしまう方法です。

お湯を使うので
皮脂汚れには
バッチリ効く方法です。

 

煮洗いのやり方、鍋で煮てザルでこす、そして洗濯

一応食べ物ではないTシャツを鍋で煮ることになります。

自分や家族のものとはいえ皮脂を煮ることになるので、
料理に使わないような鍋を使うのがいいですね。

まずはお湯を準備し、
1リットルあたり酸素系漂白剤を
小さじ1入れておきます。

その中に黄ばみを落としたいTシャツを入れ、
30分を目安に弱火でコトコト。

最初はジュワ~と泡立つと思いますが
慌てて火を止めないでかき混ぜて下さいね。

30分ほど煮たら火を止め、
1日放置をしておきます。

その後はザルにあげて
汚れの分解された汚水は流してしまい、
普通に洗濯をすればOKです。

 

やってはいけない素材…ポリエステル混じり

煮洗いはお湯を使用するので
汚れは落としやすいのですが
生地によってはシャツを傷めてしまいます。

ポリエステル混じりのシャツ類、
形を形状するシャツは煮洗いをすると
形が元に戻らないほど
シワシワになってしまうという事態に…。

なので黄ばんだシャツを煮洗いする時は
綿のシャツに留めておくのが無難です。

ワイシャツなど
デリケートなものは
酸素系漂白剤の浸け置き方法を
実施していくのがいいですね。

 

まとめ

黄ばんだTシャツは
人前で着るには遠慮したいもの…
でも捨てるにはもったいないので
酸素系漂白剤の浸け置きや
煮洗いを利用して
真っ白さを取り戻してあげたいですね。

長く収納する前には
皮脂汚れを残さないために、
同じように浸け置きや煮洗いをして
汚れをしっかり落としてから
収納するのが
黄ばみを防ぐポイントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました