にじいろジーンのスタッフドチキン簡単!おいしい!クリスマスやホームパーティに最高!

ニュース






2017年12月16日放送のにじいろジーンでぐっさんと渡辺満里奈さんがスタッフドチキンに挑戦しました。
初心者でも失敗しないで美味しくジューシーに出来るレシピです!
ダッチオーブンがあればアウトドアでも美味しくできます。
おもてなしレシピにひとつどうでしょうか?

 

スタッフドチキンのレシピ

材料

・丸鶏 1羽

調味液(A)
・水 1リットル
・砂糖 大さじ2
・塩  大さじ2

くさみ消しの食材(B)
・レモン(スライス)1/2個
・黒コショウ 15粒
・ニンニク  1片
・ローズマリー 2枝

丸鶏の中に詰める野菜(C)
・じゃがいも 1個
・にんじん  1/4本
・マッシュルーム(生)2~3個

丸鶏にぬりこむオイル(D)
・塩 小さじ1/4
・黒コショウ 少々
・オリーブオイル 大さじ1

ソース(E)
・白ワイン 50ml
・バター  20g
・しょうゆ 大さじ1・1/2
・みりん 小さじ1

 

作り方

①丸鶏を調味液に漬け込み(マリネ)します。
丸鶏が入るビニール袋を2枚用意します。
そのビニール袋を2重にして漏れないようにし、
丸鶏と調味液(A)を入れます。
くさみ消しの食材(B)を入れます。
ビニール袋の口を輪ゴムでしっかり留めます。
時々ひっくり返し調味液がなじむようにし、
一晩冷蔵庫にいれます。

②丸鶏の中の野菜の調理(C)
じゃがいも、にんじんは食べやすいサイズに切り、
電子レンジで火が通るまで加熱します。
マッシュルームは半分に切り、
じゃがいも、にんじん、マッシュルームをボールに入れ、
塩コショウ、にんにく、ローズマリー、オリーブオイルを
加えてあえます。

③具材の詰め込み
丸鶏に②の具材を詰め込み出てこないように、
つまようじや竹串でぬうように留めます。
塩コショウしたオリーブオイル(D)を
ハケで全体によく塗り込みます。

④詰め込んだ丸鶏を230℃のオーブンで10分焼き、
180℃で1時間焼きます。
途中、15分に1度、底にたまった油を丸鶏にぬってあげると
カリっとジューシーに仕上がります。

⑤ソース作り(E)
フライパンに白ワイン50mlを入れ沸騰させアルコールを飛ばし、
バター20g、しょうゆ大さじ1・1/2、みりん小さじ1を入れ、
煮詰めれば完成です。

⑥焼き上がり
丸鶏を竹串等で刺したとき肉汁が透明になればOK!
血がにじむ場合はさらにオーブンで焼いてください。
焼きあがったら、食べやすいサイズに切ってソースを添えて
完成です。

まとめ

クリスマスだけでなく、
ホームパーティでも喜ばれます♪
アウトドアではダッチオーブンを使って、
同様に作ることが出来ます。
その時は調味液に漬け込んで持っていくと
現地でひと手間楽できますよ。
中に詰めるものは決まりはないので、
いろいろアレンジできます。
ただ、火が通りにくいので、火を通して入れ込んだ方がいいです。
簡単にしたいときは、冷凍ピラフを詰めるのも楽でおいしいです。
見た目豪華でお肉も中の野菜もジューシーに仕上がるので
是非ためしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました