玄関の下駄箱にカビが!取り方と2度と発生させないコツ3選!

暮らし






カビは拭き取るだけではダメです!すぐにカビは出てきてしまいます。

玄関の下駄箱はカビが生えやすく、匂いもこもりがちな場所。

よくよく下駄箱の隅を覗いてみたら
白くてふわふわしたものを発見することもあります。

靴もカビていたりして大変なことに。

 

やはり、
玄関はキレイにしておきたいですよね!

そう思ってお客さんを招きいれる時に掃除をしても
カビ臭さはすぐには取れません!

普段のカビ対策、掃除が大事なのです。

ここでは実際に生えてしまったカビの取り方と
その後カビを発生させない方法をご紹介していきます!

 

玄関の下駄箱のカビをとる方法

 

では実際にカビが生えてしまった場合どうすればよいのでしょうか?

白いカビ

まずよく発生しやすい白くてふわふわとしたカビに効果的なのは、
除菌スプレーを布に吹き付けて拭き取る方法です。

ここでは除菌スプレーを使うことがポイントになります。

 

やってはいけないが、水でサッと拭いてしまうことです。

拭いたところに水分が残りやすく、
さらにカビを発生させてしまう原因となってしまいます。

また、
除菌スプレーで拭くことで目に見えないカビの菌も退治でき、
その後の発生を抑えることができます。

 

黒いカビ

次によく見かけるカビとして、黒いシミのようなカビがあります。

黒いカビの場合、除菌スプレーで拭くだけではなかなかシミが取れず、
ついゴシゴシと強く拭いてしまいがちですがそれはNGなのです!

カビの生えている部分を上から強く擦ると
カビの菌が棚などの材質の中に入っていき、
そこから取り除くことが困難になってしまいます。

ですので、この黒いカビに対しては塩素系漂白剤を使用していきます。

キッチンハイターなどが最適ですが、お風呂用しか無い場合でしたら、
効果が強すぎるので2倍〜3倍に薄めて使用しましょう。

漂白剤の使用方法は、ティッシュやキッチンペーパーに漂白剤を含ませてから、
カビの上に密着させるように置いていきます。

 

この時に注意して欲しいのが、
玄関を開けておくなど換気をしっかり行いながら使用しましょう。

 

しばらく置いておくと、シミが消えていくので
5分ごとにティッシュをめくりながら頃合いを見計らいましょう。

シミが消えたらティッシュを取り除いて、
水拭きをして漂白剤をキレイに拭き取ります。

最後に除菌スプレーをして乾かすとキレイになり、
その後のカビの発生も抑えられますよ!

 

 

玄関の下駄箱のカビを予防する方法

せっかくキレイにした下駄箱ですので、もうカビを生やせたくないですよね。

実は下駄箱の中はカビの生えやすい条件が揃っているのです。

そもそもカビの生える原因とは

・湿度(大体70%くらいから発生しやすい)
・温度(20度〜30度が最も発生しやすい)
・汚れ(カビは皮脂などのタンパク質汚れをエサにしている)

の3つです。

カビが生える原因を作らないようにすれば、
カビを予防することができるということです。

カビ予防の3つの方法をご紹介します!

履いた靴を下駄箱の中にすぐ入れない

靴は一度履くと、足の裏から出る汗をかなり吸収しています。

そのまますぐに下駄箱に入れてしまうと靴の中に湿気が溜まったままになり、
匂いやカビの原因になります。

靴は構造上どうしてもつま先部分の湿気が取れにくいものなので、
出来れ履き口を広げてから、一晩出して乾燥させるのが良いでしょう。

もし玄関に出しっ放しにしたくない場合は、
竹炭や重曹などの湿気を吸い取るものが入ったシューキーパーを入れてから
しまって下さいね。

靴についた汚れはすぐにとる

靴の汚れの中にはカビのエサとなるタンパク質の皮脂汚れや
湿気を溜めやすい泥の汚れなどがあります。

靴は毎日洗えるものではないですが、
埃や泥が付いた場合は拭き取るなどして
汚れが溜まらないようにすることが大切です。

また、革靴の場合は革そのものがカビのエサになるタンパク質ですので
特に汚れが溜まらないように毎日拭いてあげると良いでしょう。

風通しを良くする

3つ目は下駄箱の中の湿度と温度を下げるために、
1週間に一度半日でもよいので開けっ放しにしておきます。

扇風機などお持ちでしたら、風を中に当てて乾燥させるのもおすすめです。

特に梅雨のジメジメした季節には
まめに換気すると効果的で、カビが生えにくくなりますよ。

また下駄箱の中を掃除するとき、
靴も一度外に出して陰干しすると、
靴の湿気も取れてさらに効果が高いです。

普段は下駄箱の扉の中に湿気取りの乾燥材をいれるといいですね。

 

 

まとめ

もし下駄箱にうっかりカビが生えてしまっても
すぐに対処すればダメージも少なく、
何も無かったかのようにキレイになります。

放置するとカビが増えていって除去する範囲が増えてしまい、
大変になってしまいます。

そうなる前にこまめにチェックをして、
カビが発生してもすぐに対処するようにしましょう!

毎日気持ちの良い玄関を目指して、ぜひ参考にしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました