偏西風は台風の進路を急カーブさせる!?タイミングが凄い!

ニュース






台風が近づいてます。

しかも3連休にぶつかりそう!

その台風はとても大きく、

10年に一度とかの大型で、

注意が必要だそうです。

その台風急カーブして九州上陸する予報

そのあと北海道へと、

日本列島横断するルート予報なのです。

なんで急カーブしてわざわざ日本にくるのでしょう?

世界の天気を予報する機関も同じ予報で

九州上陸を予想しているのです。

日本の予報と同じ。

多数決でないけど、上陸は間違いないそう!

今、台風は北に向かっているのに!

台湾、中国に向かっているのに!

予報ではなぜ、

急カーブして日本列島に来るのか?

不思議です。

台風はナゼ、日本列島に沿って急カーブしてくるのか、

ちょっと調べてみました。

秋の台風は、西から東へ吹いている偏西風に乗っかってしまうそうです。

偏西風に乗って急激に流され曲がり、

日本列島の方にに来てしまうそうです。

偏西風というのは、

緯度がおおよそ35~65度の地域

(日本の本州から北はロシアまでの地域)で

西から常時吹く風です。

これに流されるということです。

秋の台風は、

この常時吹く偏西風による急激な進路変更はよくあるそうで、

偏西風の強い風に乗ることで台風は曲がり、

スピードアップもするそうです。

因みに、

夏の台風は

太平洋高気圧が日本列島を広く覆っているため、

偏西風が北へ押し上げられて、影響がなく、

今回の様な、急激なカーブを描くことは無いそうです。

秋の台風は

偏西風の風の影響で急カーブして日本列島に来るそうです。

急カーブの度合で太平洋側だったり、

日本海側だったりするそうです。

その辺も最近の予報では

スーパーコンピューターで予報していて、

結構あたるようです。

予報の進路にあたる場合は無理せず、

じっとしていましょう!!

最近の台風は大型で被害も結構でています。

テレビでも言ってますが、

よけいな外出は避けましょう!!

これに限ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました