ママスクエアは子連れで働ける!しかもすぐそばでママ安心

ニュース






2018年3月18日がっちりマンデーで放送していました。
儲かっている会社の社長に元リクルートの人が多いらしい!?
出前館、アソビュー、ママスクエアなどなど、なぜ元リクルート出身の人の会社は儲かっているのか?
中川家の礼二さんが元営業マンだったという事でゲストに来ていました。

リクルート

リクルートという会社は過去58年間で
定年を迎えた人は2人!?
そんなウソのような本当の話
もちろん会社が嫌で辞めるのではなく、
ほとんどが、独立し会社を興すためだそうです。
だから、元リクルート出身の社長は多いそうです。

リクルートでは
「自ら機会を創り出し機会によって自らを変えよ」という教えをしていて、
何かビジネスチャンスが見つかると
リクルートを辞めて会社を興しても構わない!
会社がそういう教育をしている面白い会社みたいです。
何か商売できそうなヒント、アイデアが思いつくと
リクルートを辞めて起業してしまうのです。

 


ロート製薬 セノビック ミルクココア 112G

 

リクルートにとっては
なんのメリットも無いように見えるけど
リクルートを辞めても人間関係はそのままです。
仲間は仲間のまま、そのつながりで協力、情報交換をすることで
お互いの利益がでてしまうそうです。
つまりちょっとした親会社、子会社みたいな関係で
リクルートにも利益があるもんだから
本当にすごい。

また、リクルートから独立して会社設立の際
リクルートがその会社に出資しているのです。
もし出資した会社が儲けて上場でもしたら、
さらにリクルートは「がっちり」なのも抜け目ない。
そんな中のひとつにママスクエアがあるのです。

 

 

 

ママスクエア

mama square(ママスクエアのサイトはこちら)

6億8000万の売り上げているのはびっくり。

託児所のよこを進み、奥の部屋へと行くと
そこがオフィス。
みなさんパソコンでなんやらお仕事している。

そんな託児所がとなりの部屋にあるオフィスで
がっちりなのが、ママスクエア。
隣が託児室になっているので、
ガラス越しで自分の子供の様子が見え
安心して仕事ができるようになっている。

パートタイム制で午前中とか曜日を限定して
働くことが出来るシステムになっている。
自由に働くことが出来るそうです。
託児所で働く保育士さんの子供も
一緒に託児されていておもしろい。

とっても自由に働けて便利そうな託児所付きのオフィス
こういうのはどんどん増えると、いいですね。
フルタイムの仕事が出来なくても、自由なパートタイムで
効率よく仕事ができるのは会社もママさんもお互い便利です。

ママスクエアの社長は子供が3人いて
その子供の面倒をみるママがとっても忙しいのを見てきたそうです。
外で働きたくてもフルタイムでは働けない、
人材としてもったいない!
そんな姿をみた社長は
そこがビジネスチャンスだと思い
託児所付きのパートタイム制のオフィスの
ママスクエアを2015年立ち上げたそうです。

また、このスタイルは
子供と一緒の場所にいるので、保育園にはならないそうです。
うるさい書類をいっぱい提出しなければ作れない保育園には
ならないそうで、そこもメリット。
簡単にいろんな所に会社(託児所付き)を設けることが出来るのが
メリットだそうだ。
ショッピングモールの中にあるママスクエアもあり
ショッピングモール側も帰りに買い物をしてくれるだろうから
ショッピングモールとWINWINの関係でいいらしい。
ショッピングモールの店舗の場所に
新たな店舗をかまえるより会社のほうが
売り上げに良さそうなので、これからも増えていくでしょう!
ショッピングモールが会社モールになってしまうとダメだけど(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました