【PR】

赤ちゃんのあせもはおでこにも!?簡単な毎日のケア方法!

暮らし
スポンサーリンク







赤ちゃんって汗っかきですよね~。

汗をかくことは悪い事ではないんだけれど、
親として心配ことは…
そうです!
あせもですよね~。

筆者の子どもも赤ちゃんの頃は
あせもに大変悩まされたもんです。

市販の薬も試しましたし、
小児科で薬をもらったりもしました。

今回は、
そんなあせもについて
筆者の体験談を含めて
ご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんのおでこに赤い湿疹!?あせもにはコレ!

皆さんは、
あせもが出来やすい場所って知っていますか?

あせもって汗をすごくかきやすい所や
蒸れやすい所によく出来やすいんです。

具体的にいくつかあげてみると、
額、首、股、おしり、背中などが
よくあせもが見られる所になるようです。

筆者の子どももまさに上記であげた部分に
しっかりあせもが出来ていました。

あせもがよく出来る中でも、
筆者の子どもはおしりが一番多かったです。

赤ちゃんって、
大人のように自由に動き回る事も出来ないし
ベットで寝て過ごす時間が長いので
汗もかきやすい状態になっちゃいますよね~。

背中はもちろんですが、
暑い夏だと全体的に汗もかいちゃいますし…
赤ちゃんと汗は、切っても切れない関係ですね!

さて、そんなあせもですが
おでこにもよくできちゃいますよね~。

髪の毛が多い赤ちゃんだと、
額に髪の毛がかかって余計に汗をかいてしまい
あせもが出来てしまったりしますし、
額だと余計目立ってしまうということもあるので
あせもが出来ないように気をつけたいものです。

しかし、
気を付けていても出来てしまうのがあせもなんです!
そんな時は、
薬局で一度薬を購入されてはいかがでしょうか?

沢山種類があるとは思いますが、
子どもにも安心して使える肌に優しいあせもの薬が
薬局で手軽に購入出来ちゃいますよ!

薬局には薬剤師の方もみえるので、
オススメを聞いて教えてもらうのもいいと思います。

人によるかもしれませんが、
とっても詳しく教えてくれますよ。

筆者も、薬局で薬を購入する時は必ずと言っていい程
薬局の方に聞いていますので
いつの間にか友達感覚で話していたりします。

また、額の汗をタオルなどでこまめに
拭いてあげる事も大事だと思います。

汗をかきっぱなしの顔だと大人でも嫌ですよね~。
冷たいタオルで拭いてあげるだけでも
さっぱりして、気持ちいいし清潔を保てて一石二鳥だと思います。

 

赤ちゃんのあせもができやすいのはどこ!おなかも要注意箇所!?

上記でも触れていますが、
あせもが出来やすい箇所として
額、首、股、おしり、
背中などによく出来やすい傾向があります。

しかし、おなかも注意してほしい箇所だという事を知っていますか?

オムツでかぶれたりもしますし、
必ずオムツをしているので汗をかきやすいんですよね。
その状態が続いてしまうと、あせもが出来てしまうのです。

オムツをこまめに交換してあげる事も大事ですし、
汗をかいたままの洋服で長時間すごすのではなく
洋服を着替えてあげることも大事ですよね。

また、お部屋の温度も適温にしてあげることももちろん大切です!

お母さんって、色々な事に気を使わないといけなくて
大変ですよね~。

だけど、赤ちゃんは何も言えないのです。

暑くても、寒くても、抱っこしてほしくても
泣くことでしかお母さんに訴える事が出来ません。

そう考えると親である私たちが
赤ちゃんが快適に過ごすには
どうするのがベストなのか
考えないといけないですよね。

あせもってひどくなってしまうと、
とってもかゆいはずです。
だから、
あせもがひどくなってかゆいとなると
赤ちゃんはどうする事も出来ないし
泣くしか出来ないのです。

あせもがひどくなってしまったら、
赤ちゃんもつらいしそれを見てどうすることも出来ない
お母さんもつらいと思うので、
どうかひどくなる前に対処してあげてほしいと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんのうちは、
小さなことで気になったり心配になったりして
気疲れも多いと思います。

筆者も、子どもが小さいうちは熱、湿疹、嘔吐、下痢などで
すぐ気になって小児科へ連れて行きました。

小児科の先生にも
「また来たの~。お母さん。そんなに心配ばかりしてたら
あなたが倒れるから、もう少しゆとりを持って
子育てしてもいいと思うよ」

この言葉を聞いてから、
自分の中でゆとりを持って少しくらいの事なら
大丈夫!と思えるようになったような気がします。

あせもって、汗をかきやすい赤ちゃんにとっては
よくあることかもしれません。

だけど、
よくあることだからと言って油断していると
あせもが出来て知らないうちに
ひどくなってしまいますよ。

そうなる前に、
あせもを防ぐ対策として
清潔を保つ事が大事だと思います。

オムツの交換をこまめにしてあげる事、
汗をかいたままの洋服で長時間ほっておかない事、
顔もきれいにタオルなどで拭いてあげる事など。
気を付けていてもあせもは出来てしまうものです。

出来てしまったあせもには、
筆者の子どもは
小児科でもらった薬が一番効果がありました。

個人差もあると思いますので、
絶対これがいいという事ではありません。

ぜひ、あせもなんかに負けずに
赤ちゃんとお母さんが
快適に毎日を過ごせるといいですよね。

スポンサードリンク






暮らし
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク