AJグリーンの恩師、奇跡体験!アンビリバボーで紹介

ニュース






今はアメフトで活躍しているAJグリーンの高校時代の恩師のエピソードです。

 

アメリカ・サウスカロライナ州にあるサマーヴィル高校のバスケ部は、 毎年州大会の地区予選で敗退する弱小チーム。

しかし部活動が単位として認められていたため、 それを目当てに入部する成績の悪い生徒も多かった。

そこへ、コーチのルイス・マルキーがやってきた。

ルイスの本職は消防士で、サマーヴィル高校のOBだったが学生時代はアメフト部で、バスケット経験がない素人だった。

そんな素人でも熱心な指導と、部活動以外でも部員の皆と付き合い、自腹で食事をご馳走したり、悩みや相談に乗ったりで徐々に信頼を得ていった。

 

サマーヴィル高校のバスケ部は徐々に変わり始め、地区予選では負け続きだったチームは徐々に勝てるようになり、その原動力となったのがミルハウスと「AJ」だった。

翌年、チームは州大会本戦への切符を勝ち取った。

一方プライベートでは、ルイスは恋人のローレンと結婚した。

だが結婚後、間もなく、ルイスはチャールストンソファスーパーストアの大火災の消火活動中に、 フラッシュオーバーに巻き込まれ殉職してしまう。

ルイスがいないチームは解散も考えたが、ルイスの意思を継ぐことにして、 本選に進む事を選んだ。

チームはローレンに優勝を誓い、一致団結した。

そして、サウスカロライナ州大会の本戦が始まった。

予選を勝ち抜いた32校によるトーナメント戦で、優勝するには5連勝する必要があった。

ベンチには消防署から送られたルイスのヘルメットが置かれ、 スタンドからはローレンが見守った。

ルイスへの思いを胸に、サマーヴィル高校は順調に勝ち続け、決勝戦に進出した。

決勝の相手は、過去4回の優勝を誇る強豪スパルタンバーグ高校だった。

試合は開始直後から一進一退。

その後もリード守ったまま、試合は最終第4ピリオドへ。

しかしサマーヴィルが立て続けに失点。

残り時間2分で4点のビハインドとなった。

主導権は相手チームが握っていて、このままだとよくない流れ

その時、スタンドの応援団から「ルイス・マルキー!」の名前が何度も叫ばれた!

するとサマーヴィル高校はルイスを思い出して息を吹き返し、 立て続けにシュートを決めて逆転。

2点リードのまま、1.7秒を残して相手チームがファール!

サマーヴィル高校にフリースローが与えられた。

フリースローを決めれば、リードが増えて優勝がより確実になる。

だが、そのフリースローを外してしまう!

そのリバウンドボールを相手高校のスパルタンバーグに奪われた。

しかも、あろうことかスパルタンバーグにブザービーターを決められてしまった!

優勝の夢が残りの1.7秒で逆転されてしまったかと思われたその瞬間、審判がホイッスル!

スパルタンバーグ高校がシュートを放ったときには既に残り時間がゼロになっていたため、得点は無効となった。

サマーヴィル高校は奇跡の優勝をした!!

その後、 サマーヴィル高校のバスケ部は、毎年州大会の本戦に出場するほどの強豪チームに成長した。

改修された体育館はルイスにちなみ、「ファイヤーハウス」と命名され、ルイスのヘルメットが保管されている。

AJ・グリーンは今はアマフトのシンシナティ・ベンガルズの選手として活躍している

コメント

タイトルとURLをコピーしました